【1】 企業
null

 文章だけを読むとかなり過激な話に読める。本当に日本にAI研究者がいないかどうかは別としても、そういわれても仕方ないご時世である。

 記事は、

田原総一朗「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由」 (AERA)

 ジャーナリストの田原総一朗氏は、日本にAI研究者がいない理由を解説する。
*  *  *
 8月31日に、「朝まで生テレビ!」で、人工知能を取り上げて放送した。大変反応が強く、人工知能の便利さと怖さがはじめてわかったという視聴者が非常に多かった。
 人工知能は私たちを幸せにするのか、それとも絶望のどん底に突き落とすのか。人工知能は天使か悪魔か、といった著作まで出版されている。


である。

 AIとは何か?から議論がしたいと思っている。

【2】 未来
 日本人の未来は、日本人のものだけだと思っていない。日本はあくまで世界の一部である。世界の中で活躍しない日本は、日本としてすら存在できないはずである。


 実は、2015年の12月にオックスフォード大の学者たちと野村総研が共同研究し、10〜20年後には、日本人の仕事の49%がAIに奪われる可能性があると発表した。


 この未来は、世界の切磋琢磨で創られている。日本も世界に影響を与えたい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 観測
null

 まずは太陽系から、人類は学習していると思っている。人類は行ったことないと思っているが、探索機は木星に行って観測している。

 今回は地場の話である。

木星は他の惑星とまったく異なる磁場を持つ:探査機ジュノーの観測データから判明 (Newsweek)

 木星探査機「ジュノー」から得た観測データをもとに、木星の磁場のマップが作成された。木星の磁場は、地球を含む他の惑星とまったく異なる複雑なものであることがわかったという。


である。

 そりゃすべての惑星が同じでは困るだろう。木星に差がある真の理由は何なのか?科学者根性で知りたくなる。 

【2】 ブログ
 以前のブログを紐解いてみた。

・2017年【7月15日】 ジュノー

である。

 2017年だと思うと1年前か。エネルギーも自ら稼ぎながら観測を続けているのだと思う。しかも通信出来ているという事か。

 人類の科学の進歩の凄さに感動する。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 4人
null

 社長の集まりがある。毎月あるのだが、ドンドン回ってくる。あれ?先週やったんじゃないの?という感じである。集まっていつでも気づきがあるのが社長の凄いところだと思う。彼らは止まっていない。負けてられないというところか。

 場所は、

鳥どり 丸の内店 (食べログ)

である。
 
 会場も持ち回りである。各人色が出るのも面白い。

【2】 来月
 何回もやっていると次回が楽しみになってくる。さーて、次はどこで飲むか?という感じである。

 最近は海外戦略を始めている人も多く、海外での待ち合わせの話も出ている。

 どうやっていくんだ?せめて連れてってもらわないとw


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 天災
null

 亡くなられたかも多数いるようである。ご冥福をお祈りします。

 北海道では初めて体験する規模の揺れだったらしい。正直震度7を経験したことがないので、実際の規模の想像がつかない。地震は、

北海道胆振東部地震 (ウィキペディア)

 2018年(平成30年)9月6日3時7分59.3秒(日本時間)に、日本の北海道胆振地方中東部を震源として発生した地震である。地震の規模はMj6.7、震源の深さは37km(いずれも暫定値)。最大震度は、震度階級で最も高い震度7で、北海道では初めて観測された。気象庁は同日、この地震の名称を「平成30年北海道胆振東部地震」と定めたと発表した。


である。気象庁でも

2018年09月06日03時08分 胆振地方中東部 M6.7 (気象庁)

と情報が出ている。

 人口が多い地域での地震だった点も被害を大きくしたのかもしれない。

【2】 予防
 備えておくことは出来なかったのか。事前に予知することは出来なかったのか。起こる前に前兆ぐらいあると思っている。あまり不確かな情報では、毎回嘘の情報に踊らされることになるし、あまりに頻度が少なければ、予報する時は当たるかもしれないが、カバー率が落ちることになる。

 こんな記事があるぐらいである。

驚異の的中率MEGA地震予測、2018年の警戒地域は (NEWSポストセブン)

 政府の地震調査委員会は、かねてより懸念される南海トラフ地震について「マグニチュード8以上が30年以内に60〜70%の確率で発生する」とアナウンスを発してきた。昨年末は北海道東部・千島海溝沿いにも巨大地震のリスクを指摘。「マグニチュード9クラスが起こる可能性は30年以内に7〜40%」と発表し、大新聞の1面を賑わせた。


である。

 大枠ではわかっていたと思うが、もう少しピンポイントにならないのか。誰しも考える大きな問題である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 男女
null

 日本人初の快挙ということだ。ただ、当日はかなりブーイングがあったようである。相手を応援している観客がブーブー言っていたようである。

 記事は、

大坂なおみコーチも絶賛、脚立でつながった母と娘 (日刊スポーツ)

 世界19位の大坂なおみ(20=日清食品)が、4大大会最多タイ24度目の優勝を狙った元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6−2、6−4の1時間19分でストレート勝ち。日本男女を通じて史上初めて4大大会シングルス優勝の快挙を達成した。


である。

 観客はどこまでフェアな感覚で見なければいけないのか。相手チームをブーブー言うのは良く見ることだが。

【2】 コメント
 随分と勝利のコメントは大人だったようである。こうやってファンを獲得していくのか。

 それにしても日本人も見かけはどんどん変化しているように感じる。

 日本人の心は失われていないように感じた。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 価値
null

 木の置物が、随分きれいになったなぁ、と思って読んだら、とんでもないことだという事を知る。15世紀につくられた木彫りの像らしい。500年以上前の貴重なもののはずである。

 記事は、

15世紀の聖母子像、素人が修復し派手なピンクや空色に スペイン (AFP BB NEWS)

 スペイン北部アストゥリアス(Asturias)自治州にある人口わずか28人の小さな村エルラニャドイロ(El Ranadoiro)で、15世紀につくられた木彫りの聖母子像の修復を素人の女性に任せたところ、派手なピンクや黄緑色に塗られてしまい、またスペインで素人が芸術の修復に手を出して散々な結果に終わったと、大きな話題になっている。


である。

 あちゃ〜、ド派手に変身してしまいました。以前も同じような記事を読んだことがあるぞ。

【2】 昔
 以前のブログを確認してみた。

・2012年【8月25日】 修復で猿?!

 しかし、ネット上ではゴヤやムンク、モディリアーニに比して評価する意見もあり、「世界最悪の修復画」として保存を求める署名が拡大。絵に国王や首相の顔を合成した画像も大人気だ。


ということらしい。

 実際に、教会への訪問客も増えたという噂すらあるので、何が悪いか難しい時代である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 ビル
null

 知り合いが教育関連のビジネスをやっている。教育というのは夢のある仕事だと思う。欧米では落ちこぼれを無くす教育がメインらしい。アジアでは天才を育てる教育も行っているらしい。

 今日は、

レインボーツリー市ヶ谷

 幼児と小学生のための多彩な学びのアフタースクール「レインボーツリー市ヶ谷」が誕生します。
 「レインボーツリー市ヶ谷」では、これまで別々の場所にあった学習塾と習い事一体となった子供たちの放課後を有意義に過ごせるアフタースクールです。


に行ってみた。

 賑わいがあるものである。勉強になる。

null

【2】 天才
 出店の記事は、

How to raise a genius: lessons from a 45-year study of super-smart children (nature)

のようである。記事は、

5000人の天才児を45年間追跡してわかった、親が知るべき「8ヵ条」と「4つのポイント」 (COURRiER)

 「自分の子供を天才に育てようとするのは、どんな親にもオススメできません。そんなことをすると、子供の社会性や心などに、いろんな問題が出てくることがあります」
 「失敗しないように」ではなく「失敗から学べるように」する
」「
 英国の科学誌「ネイチャー」に掲載された「天才児の育て方」という記事で、ベンボウは、親の心がけとして以下の8ヵ条を推奨している。
【1】子供に多種多様な経験をさせる。
【2】子供が強い興味や才能を示したとき、それを伸ばすチャンスを与える。
【3】知的な欲求と心の欲求の両方をサポートする。
【4】子供をほめるときは、能力ではなく努力をほめる。つねに自分を高める努力をするような心構えを子供に身につけさせる。
【5】子供が知的リスクをおかすことを奨励する。子供が失敗することに否定的にならず、失敗から学べるようにする。
【6】レッテル貼りに気をつける。子供に「天才児」のレッテルを貼ると、それが子供の心の負担になりかねない。
【7】教師と協力して、子供の欲求を満たせるようにする。頭のいい生徒は、「レベルの高い課題」「特別な学習支援」「自分のペースで学習する自由」を必要としている。
【8】子供に知能テストを受けさせる。テストの成績が良ければ、子供にレベルの高い勉強をさせたいと申し出るときの根拠となる。また、テストを受けることで、失読症やADHD、社会性や心の問題が明らかになることもある。


である。

 親の影響も大きいという事か。自分の場合はどうだったのか、考え直してみる。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 お店
null

 久しぶりに社長連中と会うことになった。最近は人と会う回数を増やすようにしている。チャンスが増しているタイミングなので良い時期である。

 お店は、

萬屋松風 (食べログ)

である。

 民家風のお店でいろいろそろっている。考え見れば、お店に在庫を用意しておくだけでも大変である。カキを食べてみたが、簡単に食べられるものでもないと思った。

【2】 アイデア
 ビジネスのアイデアを議論することになった。流石プロの方たちである。素晴らしい指摘がドンドン出てくる。 

 社長の人たちは自分で責任をおっている分、言葉が重い。

 新しいイメージを得て、次の一手を考えてみようと思った。明日本でも読んでみるか。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 機械
null

 形のあるものは、いつか壊れる。わかっているので、電車だって例外でないのは知っている。確かに急に止まったりして動作がおかしかった。

 なんと、全員電車から降ろされた。

新宿線 2018年09月07日 10時06分 現在 (東京都交通局)

 遅延
 2018年09月07日09時36分 配信
 新宿線は、京王線内で発生した車両点検のため、本八幡方面の一部列車に遅れが発生しています。


である。

 結構まずい感じであった。生まれて初めての経験だった。こんなことあるのか。

【2】 登社
 久しぶりに1分ぐらい遅れてしまったか。本当にぴったりな感じで到着である。

 ここまで予想して早く来るのは難しいなぁ。

 世の中、準備できる程度はあるか。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 対談
null

 終了後のUPで申し訳ありません。チラシやHPが出来上がったのが直前でした。

 新しい企画として、4大学のうち2校のペアで開催することになった。奇数月第1木曜日予定である。(ペアの数は6パターン、1年で1周の予定です。)今回は、

ミニ交流会20180906 (四大学 平成卒業生の会 連合会)

対談テーマ:医療現場におけるAI活用
1.医療連携支援センターのご紹介
2.AIによる代替の可能性がある職業
3.医療現場で使われているAI技術
4.病院におけるITの課題と今後の展望
5.これからのAI社会について


チラシはこちら

である。

 東京医科歯科大の先生とやらせて頂いたのだが、楽しませてやらせて頂いた。実際のセミナーの当日も有意義だった。良い企画のように感じている。自分も勉強になってしまった。

null

【2】 参考資料
 「知の交流」が目的なので、結構真面目に話をしています。

医療連携支援センター (東京医科歯科大学 医学部附属病院)
高齢社会白書 (内閣府)
・・平成30年版高齢社会白書(概要版)(PDF版) (内閣府)
IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめました (経済産業省)
・・報告書概要版 (PDF形式:2,106KB)PDFファイル (経済産業省)
保健医療分野におけるAI活用推進懇談会 報告書 (厚生労働省)
・・概要(PDF:408KB) (厚生労働省)
AIが医師なしで糖尿病による網膜症を診断--FDAが検査装置「IDx-DR」を認可 (cnetJapan)
CLOUD VISION API (Google)
機械学習を用いた糖尿病患者の治療行動予測 (NTT)
AI、がん治療法助言 白血病のタイプ見抜く (日本経済新聞)
これが日本初の保険適用アプリ、「Join」の実力は… (日刊テジタルヘルス)

null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく <<前のブログへ 次のブログへ>>