【1】 昔
null

 昔話をするようになってしまっては、年を取ったなぁ、という感覚である。今となっては時効なので書いておこう。以前、オンサイト解析で、とある会社に常駐していることがあった。その会社のオーナーが飲みに誘ってくれた。

 お店は、

オヒョイズ (食べログ)

である。芸能人の

藤村俊二 (ウィキペディア)

がやっているお店であった。行ったらお会い出来た。話もしてくれた。気さくな方だった。

 会社の誰も一緒に行かないのでおかしいと思っていたが、好奇心旺盛なのでついていった。突然知らない女性の方が同席することになった。キャビンアテンダントということであった。

 誰もついてこない理由が分かった。そりゃこの空間に3人はかなり気まずい。流石の大場もお先に失礼することにした。1本目のワインは飲み終え、2本目があいた時に、失礼させて頂いた。

null

【2】 帰り
 当日、店内に芸能人もいたようだが、暗くて認識できなかった。ただ、帰りに外に出たら、

小松政夫 (ウィキペディア)

が立っていた。店員がかばんを持っていて、タクシーを止めた。おいおい、僕の方が早く手を上げたのに、と思いつつ見守った。

 この記事を見て、思いだした。

植木等の付き人をやめた日…小松政夫がその時の“涙の理由”を明かす (AERA dot.)

 時代は、ドンドン進んでいる。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 お店
null

 アナログゲームをしようという事で、今年になってまたこのお店に行った。ちょっとはまっている感があるが継続は力なりである。

JELLYJELLYCAFE 下北沢店

である。

 アナログゲームをやることが目的ではなく、AIにどうやってゲームの内容を教え込むかを考えながら、プレイしている。プレイ以上に説明を聞く時間が重要である。自分がどうやって理解しているか知ることは勉強になる。

【2】 利用
 450個もあるみたいなので、すべては出来ないと思うが、やったやつを記録のために書いておこうと思う。やった順番も考慮して並べておく。

1.−10. 2018年【10月1日】 アナログゲーム
11.−19. 2018年【10月8日】 アナログゲーム2
20.−25. 2018年【11月26日】 アナログゲーム3
26.−32. 2018年【12月10日】 アナログゲーム4
33.−45. 2019年【1月6日】 アナログゲーム5
46.−49. 2019年【1月14日】 アナログゲーム6 【本日分】

46.宝石の煌き
null

47.アイスクール
null

48.花火
null

49.R-Rivals
null


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 フィクション
null

 正しいものだけが文学ではない。何を書いても良いというのが、憲法上の自由か。

 記事は、

僕は頭がいいけれど…東大生が抱く「彼女は頭が悪いから」への違和感 (好書好日)


 2016年に東大生5人がおこした強制わいせつ事件をモチーフにした小説『彼女は頭が悪いから』(文芸春秋)。この本のブックトークが12月に、東京大学で開かれました。登壇した作者の姫野カオルコさんは「これは東大の方に向けた本ではなく、一般の方に向けた本」「実在する人物に引っ張られずに書くのに苦労した」と話をするなど「創作」であることを強調しました。一方、この日参加した東大の関係者からは「東大生として共感できない」「東大生をひとまとめにしておとしめている」という声もでました。


である。

 東大生をひとまとめにする小説で、東大生からはあまりよく思われていないようである。逆に興味が出てきた。

【2】 情報
 現代の我々は、非常に多くの情報に囲まれている。しかも、正しいかどうかは、自分で判断しなけれならないことも多い。

 逆に間違った情報が氾濫すれば、おかしなことが起こってしまう。

 ただ、間違っている情報があることを知らせなければ知らない人も出る。どんな情報をリコメンドするか、難しい問題である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 閉店
null

 そもそも、オープンしたことを知らなかった。というより、そんなお店をパリでは開店できるのか。正に文化の違いだと思っている。東京なら、すぐにつかまってしまうお店だと思う。

 記事は、

1年3ヵ月でももったほう?
パリ「全裸レストラン」閉店のニュースに、住民たちは… (COURRiER)

 “パリ初の全裸レストラン”として鳴り物入りでオープンした「オー・ナチュレル(O’naturel)」が、2019年2月をもって閉店することが決まった。
 ヨーロッパのみならず世界を仰天させた話題店が消えてしまうというニュースに、フランス国民からも大きな反響が寄せられている。


である。

 良くもったという事らしい。通常のレストランですら1年以内に3分の1閉店するらしい。

【2】 背景
 携帯の持ち込みが出来ないらしい。まぁ、変な写真を撮られては困る。店内が思ったより寒いらしい。まぁ、格好が格好なだけにわかる気もする。

 それにしても、多様性の象徴だったと思うが、残念である。

 国によって受け入れられる程度が違うのには、びっくりである。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 訪問
null

 スタッフと一緒に訪問してきた。相模原キャンパスである。大手町からはそれほど遠くはなかった。ただ、町田が都会なのを再認識した。

 団体は、

JAXA

である。高校の先輩である若田さんも理事だったのか。親しみを感じる。

null

 ミーハーなので、ロケットの前で写真を撮ってもらった。実は、JAXAで先生をやっている方を訪問させて頂いた。

 しかも、色々と説明までしてもらい、非常に勉強になった。博物館もあったのだが、プロに開設をしてもらうと、詳しくわかる。いや〜、有難い時間であった。

null

【2】 飲み
 相模原近辺で食事をして帰るとなると、夜が遅くなって調整つかない可能性があると思って、まずは戻ってきた。

 お店は、

uchi (家) (食べログ)

である。

 久しぶりの下北沢での飲みである。経営の話も含めて、かなり遅くなってしまった。夕方から夜まで、有意義な1日であった。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 用語
null

 初めて聞いた。深い宇宙である。シンと聞けば、新しい宇宙、の事かと勘違いしていた。

深宇宙から飛来する「反復する」電波、科学者らは当惑 (AFP BB NEWS)

 カナダの天文学者チームが、太陽系がある天の川銀河(銀河系、Milky Way)外部のはるか遠方から複数回にわたり連続的に放射された謎の電波を検出した。英科学誌ネイチャー(Nature)に9日、2件の研究論文が発表された。


である。

 大きな望遠鏡が出来れば、精度が上がる。精度が上がれば、新たな電波を取得できる。新しい事実が出てくれば科学も進歩する。

【2】 削減
 人類が今まで知らなかった電波をどう考えるのか、新しい問題が提起されている。当然に宇宙人がいる可能性もあるのだが、その確率は低いようである。

 人類ですら科学を使えたのは、地球50億年のうちの1000年である。ほぼ確率的には0である。

 そんな文明が同時に2つ存在する確率はかなり低い。結果はどうなるのか?


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 懇親
null

 昨年から一緒にビジネスを始めた会社の社長さんたちと新年会のチャンスを頂いた。美味しい料理のお店だった。

 場所は、

魚亀 (食べログ)

である。

 どの駅からも若干遠いからか、コスパのかなり良いお店であった。ご馳走様でした。

【2】 削減
 コスト削減のためだと思うのだが、コースしかないようである。そして、ビールに関してはセルフであった。

 ビンなので、飲んだ本数で精算らしい。

 ここまで来ると気持ち良い。未来のお店を先取りしているのかもしれない。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 挑戦
null

 コンテストという方法も効果的なのか。自分の実力を試してみたい人には良い場所だと思っている。とうとう、量子コンピュータまでコンテストが開催されるようである。

 記事は、

量子コンピュータ企業Rigetti社、100万ドルのコンテストを開催へ (Forbes)

 実用化を加速するため、量子コンピューティング企業の「Rigetti Computing(リゲッティ・コンピューティング)」は「Quantum Advantage Prize」という賞を立ち上げ、実社会に役立つ問題を従来のコンピュータよりも良質・高速・安価に解決できたチームに100万ドルを支払うと発表した。


である。

 さーて、当社も気にしてみるか。解析はスピードも命である。

【2】 解析
 以前のブログ2018年【10月31日】 アンサンブル学習でAIトレードにも書かせてもらった通り、解析の世界も多くの意見が必要である。

 解析なので、多くの学習器と言った方が良いか。ドンピシャに当たらない学習器を多数集めて、ドンピシャに当たるようにするのである。このためには、多くの学習器を作る必要があり、その際にコンピュータ性能を使うことになる。

 このコンピュータの部分を、量子コンピュータに任せてみようか、ということである。やってみたい気もある。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 スポーツ
null

 体を動かせばスポーツか。協会もあって、かなり本格的である。

 記事は、

お年寄りが熱狂する棒サッカー 全国大会も (日テレニュース24)

 お年寄りが白熱する謎のスポーツ。その名も“棒サッカー”。高齢でも要介護でも一生楽しめるスポーツとして今注目されている。もともと一部の高齢者施設などで行われていたレクリエーションだったが、参加者が白熱することから徐々に広がり、2013年には“日本棒サッカー協会”が設立された。全国大会が開かれるほど人気になっている。


である。

 基本、老後になってからでないと参加できなさそうである。ルールで決まっているようである。

【2】 参考
 次の通りである。

ルール説明 (日本棒サッカー協会)

 登録選手は要支援 1 から要介護 5 までの介護認定を受けた要介護者とする。


棒サッカー (ウィキペディア)

 誰でも参加できるように考えられている。ハンデのあるゲームはバランスを取るのが難しい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 お店
null

 アナログゲームをしようという事で、今年になって2度このお店に行った。ちょっとはまっている感があるが継続は力なりである。

JELLYJELLYCAFE 下北沢店

である。

 アナログゲームをやることが目的ではなく、AIにどうやってゲームの内容を教え込むかを考えながら、プレイしている。プレイ以上に説明を聞く時間が重要である。自分がどうやって理解しているか知ることは勉強になる。

【2】 利用
 450個もあるみたいなので、すべては出来ないと思うが、やったやつを記録のために書いておこうと思う。やった順番も考慮して並べておく。

1.−10. 2018年【10月1日】 アナログゲーム
11.−19. 2018年【10月8日】 アナログゲーム2
20.−25. 2018年【11月26日】 アナログゲーム3
26.−32. 2018年【12月10日】 アナログゲーム4
33.−45. 2019年【1月6日】 アナログゲーム5 【本日分】


33.キャメルアップ
null

34.ごきぶりポーカー
null

35.コヨーテ
null

36.ぴっぐテン
null

37.コードネームデュエット
null

38.CUBERICK
null

39.ベガス
null

40.ヒトトイロ
null

41.アンダーカバー2 ←実際やったのは、アンダーカバー。
null

42.スコットランドヤード東京
null

43.ドーナツ・オン・ドーナツ (amazon)
null

44.キングドミノ
null

45.クイーンドミノ
null


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 教育
 自分の頃に知ってたらなぁ、と思うが、同年代は同条件である。こうやって人類は世代を超えて進化して行くのだと思う。

自立できる子供に育てる30の教育法 (HappyLifeStyle)
子供は、自分から自立していく。

1.子供は、自分から自立していく。
2.勉強は、学校で学ぶ。感情は、家庭で学ぶ。
3.甘えさせてもいい。ただし、甘やかしてはならない。
4.「難しい」と答えると、子供は自立できない。「簡単」と答えると、子供は自立する。
5.子供は、親の真似をする。自立した親からは、自立さえも真似をする。
6.「痛み」を経験することで、免疫ができる。
7.親が笑うと、子供は安心する。
8.子供の経験を、親が横取りをしない。自分のことは、自分でさせるだけでいい。
9.子供に押し付ける親は、失敗する。子供に任せる親が、慕われる。
10.「子供を理解する親」が、愛される。
11.育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
12.「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
13.親の口癖は、人生の教訓。
14.働く姿を見せると、子供は自立できる。
15.自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
16.自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
17.子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
18.「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
19.聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥。
20.大事な場面での沈黙が、子を育てる。
21.勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
22.「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
23.自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
24.学生の仕事は「勉強」だ。
25.子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
26.「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
27.家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
28.「自問自答」できる人が、自立する。
29.「かわいい子には、旅をさせよ」
30.泣きたいときには、泣かせてあげよう。泣くことで、子供は強くなる。


である。

 まとめ(自立できる子供に育てる30の教育法)(HappyLifeStyle)もためになった。

null

【2】 方法
 こちらも、いろいろなところで話を聞く。

Google創業者や藤井聡太棋士を育んだ「モンテッソーリ・メソッド」って? (ベネッセ教育)

 モンテッソーリの基本は「主体的に学ぶ子ども」と「サポートする大人」という姿勢


モンテッソーリ教育 (ウィキペディア)

モンテッソーリ教育とは (日本モンテッソーリ教育綜合研究所)

である。

 子供だけでないような気にもなってきた。大人になって、社員でも同じに感じた。人類の進化を感じたい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 新
null

 昨年の話であるが書いておかないといけないと思っている。この事例に限らず、世界の最先端の事例を昨年いくつも聞いた。日本人の常識など、世界の非常識になりつつあると感じた。

 中国の実行力、感服である。

中国の次世代スーパー、コスト構造に課題目立つ (日経ビジネス)
リアルとデジタル融合なのに「労働集約型」

 「今後10年、20年で、eコマースという言葉は消え、『新零售』だけになる」
 アリババグループ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏は2016年10月、同グループのクラウドサービス企業「阿里雲計算公司」が主催するカンファレンス「杭州・雲栖大会」の講演でこう予言した。
 そして新しい小売り(ニューリテール)を意味するこの「新零售」について、同講演で馬雲氏はこう説明した。
 「オフライン企業はオンラインへ、オンライン企業はオフラインへと歩み寄り、それを近代的物流でつなぎ合わせることで、初めて真の新しい小売りが実現できる」
 つまり、リアルの伝統的小売り店舗とデジタル空間のeコマースを、最先端の物流技術を使って融合させるという次世代の小売りモデルだ。この「新零售」の急先鋒が、アリババが展開するスーパーマーケット「盒馬鮮生(フーマー)」である。


である。

 説明して頂いた方によれば、中国はやってしまうので改善スピードが早い、とのことだった。

 日本なら、大丈夫か確認してから進める。検討の時間がない分、サービスがウダウダだったりするが、実際にやってみているので、ドンドン改善するのである。恐ろしいが、これが現実である。

null

【2】 お店
 やっと、日本でも話に出てきている。

amazon goでミライ体験!レジ無しAIコンビニの仕組み、技術と課題 (Orange Operation)

 2018年1月22日にAmazon GOの1号店がアメリカ・シアトルにオープンしました。
 Amazon GOは一言で説明すると、「レジに人がいない無人コンビニ」です。


である。

 すいません、今頃になって知りました。もう時代遅れとしか言いようのない状態である。

 日本だけに目が向かっている。日本人として世界に出なければ。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 旅館
null

 昨年末も種々書くことが多く外出の話も出来ていない。久しぶりの外泊である。今までのホテルとはちょっと違うところに泊まった。確かに、ゲストハウスというのが正しいかもしれない。

 旅館は、

亀七旅館 (Booking.com)

である。

 亀戸7丁目にあるので、亀七、ということか。納得である。

null

【2】 お店
 ご飯も弾んで食べようと思って、ちょっと高めのところを予約してみた。

炭火焼鳥 亀戸 酉 TORIYA (ぐるなび)

である。旅館は大島駅近くなんだが、お店は亀戸駅近くである。

 行った日は寒くて、とても歩くという感じではなかった。タクシーを使おうと思ったが、大通りに出るまでに凍え死にそうなぐらい寒かった。

 タクシーを呼ぶ習慣がなかったが良くなかった。自宅の近くとは違う事を知る。

 が、良い年末であった。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 おせち
null

 新年恒例で、実家に帰った。もちろん墓参りも行った。昨日の話であるが、また新しい発見をした。今までよくやっていたと思うが、おせちづくりを今年は外注したらしい。

 商品は、

華扇 (快適生活)

であった。

 自分たちで作っていたら、こんなに種類は用意できない。その代わり一つ一つは、少量である。実際に食べたが十分な気になっている。

 親も高齢なので、お金で済むところは済ませても良いように思った。

null

【2】 小ネタ
 知らない事ばかりで、新しい人形を見つけた。

泣く子も笑う! ペコペコモンキー! (MonoMax Web)

である。

 ずいぶん昔からあるようなので知っている人も多いと思うが、バナナを取ると、サルがウキウキ騒ぎ出す。バナナは磁石で猿の手にくっつくのだが、どうやって判断しているか気になっている。

 新しい発見が多い実家であった。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 年頭所感

 新年明けましておめでとうございます。年頭にあたり一言ご挨拶を申し上げます。

 昨年もいろいろな出来事がありました。世界での出来事間の関係が深くなりつつあると感じる1年でした。日本世界共に、政治、科学、スポーツ、災害が、大きくニュースで取り上げられました。日本では、フィギュアスケート、テニス、野球と活躍の話があり、アメフトでは不祥事もありました。災害は、西日本豪雨、北海道地震、大型台風がありました。ノーベル賞受賞も世間を騒がせました。世界では、史上初の米朝会談、南北首脳会談、米中貿易摩擦、米国中間選挙が記憶に残っています。英国王子結婚も明るい話題として伝えられました。インドネシアの地震をはじめ、災害も起こってしまいました。

 過去から続く仕組みが変化していく過程を短期間でも確認できる時代になりました。人類の脳が繋がり、多くの人々の間で情報が共有され、議論できるようになっています。結果として、人類としての判断スピードが上がり、1年間という歴史から見ると短い時間でも世界的な変化を確認できるようになっています。世界的な技術革新がすさまじい勢いで進み、個人に求められる能力やスキルが変化しているだけではなく、企業ですら技術革新を怠れば淘汰される時代に突入しています。GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)に代表される時代の流れを早くする多くのサービスが、AI本格活用の結果を出しています。

 世界の流れに遅れないため、当社も現仕組みの更なる確立、進化に向けた新仕組み作りへの取り組み、各部署が専門的機能を発揮する必要がある1年になったと理解しております。当社内に限らず、当社の役割としては、多くの企業のAI活用への人材教育、人的支援、新エンジンの構築・提供を行い、世界的な企業と戦うためのAI体制構築の支援を行うことです。昨年確立提供した、bodaisによる「アンサンブル学習」、「需要予測エンジン」は様々な分野の問題に応用できる技術です。

 当社の基本理念「人類の英知で、より良い未来を」に則り、ミッションとして、
人が人としてより良く生きるために「人間味あふれるAI -Humanizing AI-」を構築提供する、を掲げています。人的支援に限らず、理由のわかるエンジンという人間に優しいAI活用を提案します。人間が行うまでもない簡単な業務、人間が熟練するには時間を要する難しい業務、で人間味を発揮したいと思っています。企業活動におけるAI活用支援の結果として、すべての人に確率UPを届けられる世界を目指します。短期的には2つのことに注力し、社会改革に貢献していきます。

(1)「当てる」に特化したエンジンを提供します。
 企業ごとに悩みは違います。しかし、個社特性による問題に差はあれど、よくよく考えれば解析すべき課題の領域やテーマ、更には用いるべき手法は同じであることが多いのも事実です。これからの時代、企業が努力すべきは、自社独自のデータを集めることであり、活かすために重要なのが、自社サービスへの取り込み方法、現場での活用方法の検討です。決して解析エンジンを独自に開発することではありません。共通の解析を外部パートナーにお願いすることこそ、オープンイノベーションの一環であり、社会的な効率UP、ひいては、自社本業に集中するための賢い選択です。
 当社では、最先端の研究を、最新のエンジンに取り込む努力をし続け、時代を牽引する、世界初の「当てる」エンジンを提供します。「当てる」中でも、確率、数値、時系列と、3つのエンジンに取り組みます。

(2) bodais上で理由のわかるエンジンおよび導入支援を提供します。
 旧来の企業改善は、自社の悩みを理解し、議論を尽くし、時に勘と経験と度胸で進めていました。特定の業務をライフワークとして行える、時代のスピードが遅かった頃は良かったのですが、現代は違います。社会環境が目まぐるしく変化し、それに合わせ業務も変わり、経験者などいない、それに加え、問題が複雑になり、人間には簡単に判断できないのが現実です。
 経験はデータとして企業内に蓄積され、勘の代わりにコンピューターが活躍し、度胸で行っていた判断は、数字を根拠に行うのが、これからの時代の正しい経営です。コンピュータ内での解析を判断に使えるように、理由のわかるエンジンが求められています。
 つまり各企業の悩みを、解析の問題に置き換える能力、その結果を読み解く能力が必要とされます。これこそがデータサイエンティストの仕事の一つです。良いエンジンがあっても、当てはめ方がわからなくては活用も出来ません。その業務を支援することが、当社の2つめの注力事項です。

 当社昨年の努力によって、企業の困りごとを解析の課題に落とすカウンセリングから、各社専用の特注エンジンを構築し、bodaisに搭載し提供する流れが出来ました。また、人的支援が必要な場合に備え、大手企業との連携によるオンサイト解析支援サービスも強化しました。本年は、企業のAI活用段階を判定するアセスメントサービス、エンジン構築後の他業界等への展開も行っています。特に、「アンサンブル学習」は変数が大量にあり、取捨選択が難しい、精度が極端に求められる分野の解析に最適であり、しかも当社エンジンは判断理由も分かるものです。早い展開が社会的な責務と考えております。

 これにより、bodaisを社会インフラとして活用頂くための流れが完成したと思っております。人的支援サービスでの会社安定に加え、更なるbodais普及を通じてお客様満足を促進する結果として、効率良い収益構造構築、売上向上に一層の努力を行います。部署の役割を明確にし、マネージャー各位が自立し責任を持ち、部署ごとの専門性を発揮し、連携により会社全体の業務を有機的に結びつけ、会社が一体となって活動できるようにします。活動の効率化のため組織IQの向上、外部情報を素早く知り、内部に速やかに伝達し、的確な意思決定、をしていきたいと思っております。最後に、マネージャー、スタッフと共に、会社・個人の更なる発展を推進して行きます。

 パートナー企業、株主の方々のご理解、ご支援、ご協力、ご指導をお願い申し上げると共に、本年が皆さま一人ひとりにとって実り多い素晴らしい1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

2019年1月1日
株式会社アイズファクトリー
代表取締役 大場智康


【2】 各部署目標
 各部署の目標は、社内での発表とします。

2-1.取締役会・執行会全般
 基本理念「人類の英知で、より良い未来を」を認識し、ミッションとして、人が人としてより良く生きるために「人間味あふれるAI -Humanizing AI-」を構築提供する、を掲げます。人的支援に限らず、理由のわかるエンジンという人間に優しいAI活用を提案します。技術を提供する会社から、携わった会社の成功を支援する会社へと改革を継続していきます。また、bodaisも他社共存型プラットフォームへの脱皮を行い、多くのパートナー企業と新たな商品を多数提供していきます。

 人的サービスの提供ではお客様満足を第一に据え、最高のデータマイニングを、高効率で、分かりやすく、使いやすいサービスアプリとして提供し、お客様企業成功の支援をします。
 各業務としては、会社原動力としての(0)売上確保、利益拡大を、人的サービスを軸に据え改善、向上させ、更なるお客様満足への(1)売れる商品作り(bodais)、未来の売上につながる(2)将来への投資(自動進化)、活気あふれる組織のための(3)全員が考える、魅力あふれる組織作り、を重要課題と位置づけ、一致団結し業務に邁進していく所存です。

 組織としては、専門性、守備範囲を明確にし、自己成長、自己改善できる機能を持ちたいと思っています。マネージャーの成長と共に、これから更に増えるであろう新しいスタッフが会社に溶け込みやすい環境、ワーク・ライフ・バランスの取れた業務体系を構築します。目標としている株式公開準備も行います。

【課題/管理項目】
・売上確保、収益拡大
・売れる商品作り(bodais)
・将来への投資(自動進化)
・全員が考える、魅力あふれる組織作り

以上



null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2018年【10月31日】 アンサンブル学習でAIトレード
2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく