【1】 挑戦
null

 コンテストという方法も効果的なのか。自分の実力を試してみたい人には良い場所だと思っている。とうとう、量子コンピュータまでコンテストが開催されるようである。

 記事は、

量子コンピュータ企業Rigetti社、100万ドルのコンテストを開催へ (Forbes)

 実用化を加速するため、量子コンピューティング企業の「Rigetti Computing(リゲッティ・コンピューティング)」は「Quantum Advantage Prize」という賞を立ち上げ、実社会に役立つ問題を従来のコンピュータよりも良質・高速・安価に解決できたチームに100万ドルを支払うと発表した。


である。

 さーて、当社も気にしてみるか。解析はスピードも命である。

【2】 解析
 以前のブログ2018年【10月31日】 アンサンブル学習でAIトレードにも書かせてもらった通り、解析の世界も多くの意見が必要である。

 解析なので、多くの学習器と言った方が良いか。ドンピシャに当たらない学習器を多数集めて、ドンピシャに当たるようにするのである。このためには、多くの学習器を作る必要があり、その際にコンピュータ性能を使うことになる。

 このコンピュータの部分を、量子コンピュータに任せてみようか、ということである。やってみたい気もある。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方