【1】 法
null

 この技術で株式トレードに殴り込みをかけてみようと思っている。bodaisが自動解析できるが故に、統計量を簡単に増やせることが強みとしてある。

 記事は、

次世代AI株式売買の実証実験開始 国内初のアンサンブル学習を用いたAI株価騰落予想システム構築 (bodais)

 アイズファクトリーとエピックの両社は、これまでも株式売買における騰落データの解析を行い、AIによる予測モデルの構築をしてきた結果、解析上は一定の成果が出せるモデルの構築にいたりました。今回は、この解析結果をうけて、日本株を対象とした株式売買の実証実験を開始いたします。今後数ヶ月をかけて、アイズファクトリーが構築した実証用の株価騰落予測モデルが算出する騰落予測をもとにエピックのトレーダーが売買を行うことで、 予測モデルの精度を更に高めるとともに、実運用における面での検証も行います。


である。

 机上では結果が出たので、これから実践で検証である。

null

【2】 自動
 色々なサービスが出ているが、自動、という言葉が曲者で、完全自動でないと成り立たない解析である。

 昔の記事であれば、
 
賞金100万ドル。史上最大級のアルゴリズム・コンテスト「Netflix Prize」がついに決着 (オルタナティブ・ブログ)

 そして,ついに2009年7月26日,常連メンバーが集結した最強チーム「BellKor's Pragmatic Chaos」が10.5%を達成した。彼らは7人構成の国際チームで,米国AT&T Researchから2人、オーストリアCommendoから2人、カナダPragmatic Theoryから2人、イスラエルYahoo! Researchから1名という,いわばオールスターによるコラボレーション・チームだ。コンテスト規約に基づき,10%を破られてから30日以内に対抗者があらわれず,ついに賞金100万ドルの獲得者となった。


である。

 結局多くの観点(=多くのモデル)が必要となるのである。技術は、

ブースティング (ウィキペディア)
バギング (ウィキペディア)

をうまく使う事である。

 この技術でIoT分野にも乗り出したい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2018年【10月31日】 アンサンブル学習でAIトレード
2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく