【1】 新
null

 昨年の話であるが書いておかないといけないと思っている。この事例に限らず、世界の最先端の事例を昨年いくつも聞いた。日本人の常識など、世界の非常識になりつつあると感じた。

 中国の実行力、感服である。

中国の次世代スーパー、コスト構造に課題目立つ (日経ビジネス)
リアルとデジタル融合なのに「労働集約型」

 「今後10年、20年で、eコマースという言葉は消え、『新零售』だけになる」
 アリババグループ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏は2016年10月、同グループのクラウドサービス企業「阿里雲計算公司」が主催するカンファレンス「杭州・雲栖大会」の講演でこう予言した。
 そして新しい小売り(ニューリテール)を意味するこの「新零售」について、同講演で馬雲氏はこう説明した。
 「オフライン企業はオンラインへ、オンライン企業はオフラインへと歩み寄り、それを近代的物流でつなぎ合わせることで、初めて真の新しい小売りが実現できる」
 つまり、リアルの伝統的小売り店舗とデジタル空間のeコマースを、最先端の物流技術を使って融合させるという次世代の小売りモデルだ。この「新零售」の急先鋒が、アリババが展開するスーパーマーケット「盒馬鮮生(フーマー)」である。


である。

 説明して頂いた方によれば、中国はやってしまうので改善スピードが早い、とのことだった。

 日本なら、大丈夫か確認してから進める。検討の時間がない分、サービスがウダウダだったりするが、実際にやってみているので、ドンドン改善するのである。恐ろしいが、これが現実である。

null

【2】 お店
 やっと、日本でも話に出てきている。

amazon goでミライ体験!レジ無しAIコンビニの仕組み、技術と課題 (Orange Operation)

 2018年1月22日にAmazon GOの1号店がアメリカ・シアトルにオープンしました。
 Amazon GOは一言で説明すると、「レジに人がいない無人コンビニ」です。


である。

 すいません、今頃になって知りました。もう時代遅れとしか言いようのない状態である。

 日本だけに目が向かっている。日本人として世界に出なければ。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく