代表挨拶

【1】 北区地域振興
 https://valueup.jp/sns/CmnView.php?CmnId=N149
 題名の通り、「北区の地域振興」を考えるコミュニティが立ち上がった。
 これからは、各区が、自分達の区の特色を持ち寄り、ある意味の地域間競争を行う事になる。そんな地域の特徴を、「北区」について語り合おうというコミュニティである。

 これこそ、地域活動の本丸、だろう。頑張って盛り上げよう。

【2】 具体例
 昔は、概略が出来れば、それで終りだと思っていた。だが、社会は実際の具体的な例を求める、ものだということが分かった。
 概略で物事を理解する人もいれば、具体例で物事を理解する人もいる。他の人の判断を自分の判断にする人もいる。

 「北区」で実践してみる。正に、良い具体例だ。


★ 今日も、明日も、【自己実現】。現在、未来も、バリューアップ!
この記事についてつぶやく
【1】 「このコミュへ招待する」ボタン
 画期的なボタンが出来た。今までは、SNSサイトに呼んで、それから、自分達のコミュニティに参加してもらう必要があった。今回は、

 〜〜 一発で、コミュニティに招待できる 〜〜

ボタンが出来た。

 利用の効率が向上した。

【2】 利用案
 いくつか考えてみた。他社のSNSも有ることだし、当社は、「商業的な利用」で検討してみる。
2−1.商店街
【店舗】 自分の店舗の安売り情報を出す。
【お客】 安売り情報を見て、お店に行く。
【管理】 店舗の方たちにメリットが出たら管理フィーをもらう。
2−2.技術を持った学生の紹介
【企業】 専門技術を持った大学(院)生へバイト情報を提供。
【学生】 自分の専門技術を持って、応募。将来の職活へ応用。
【管理】 企業にメリットが出たら管理フィーをもらう。

 上記の運用を効率的に行うためにも、「コミュニティに一発で招待」は重要だ。


★ 今日も、明日も、【自己実現】。現在、未来も、バリューアップ!
この記事についてつぶやく
【1】 競争
 これ程、様々な業種が考えられているのに、世界で初めてのビジネスなど思いつくのであろうか?
 もちろん世界で初めての技術というものが、発明される時がある。ただ、技術とは、何か問題を解決するのであって、世界初の技術が凄いわけではない。
 そう思うと、突然変異的に新たな技術が生まれる事も珍しいだろう。じゃどうすれば良いのか?

 競争に勝つための戦略を身に着けるしかない。それは、人生でも、恋愛でも、ビジネスでも、同じだ。

【2】 ランチェスター戦略
 儲かる会社はこうしてつくれ!−「ランチェスター戦略」に学ぶ45の鉄則 著 田岡佳子 出版 PHP出版
これで勉強させて頂いた。
2−1.基本概念
・「強者」と「弱者」のとるべき戦略は違う
・戦いというものは、局地戦と確率戦とを区別して進めなければならない
・攻撃とは、一騎打ちの一点集中で最も効果を発揮する
・「敵とどのように差別化するか」が、活路を開く条件である
2−2.法則
(1)ランチェスター第1法則(一騎打ちの法則)
 ヤリなどの武器を使った1対1の戦いでは、ダメージ量の差は、「兵士の数の差」に比例する。
(2)ランチェスター第2法則(確率戦の法則)
 近代兵器など1人の兵士が複数の相手を倒せる武器を使う場合は、ダメージ量の差は、「兵士数の2乗の差の平方根(ルート)」に比例する。
2−3.「強者」と「弱者」という言葉の定義
 市場の切り分け方で、「強者」と「弱者」が変わる。「強者」と「弱者」は、市場シェアで決まる。
2−4.3つのシェア値
 【A】73.9%、【B】41.7%、【C】26.1%(=100%−【A】)、が3つの値である。
【A】独占と言って良い数値。弱者が何人いても、リーダーに勝てない数値。
【B】安全圏と言って良い数値。弱者は、どんな市場でも良いのでこの数値に達する努力をする。
【C】競合他社が多数参入する市場で、どんぐりの背比べから抜け出すための数値。
2−5.三一理論
 【C】÷【A】=2.83を四捨五入した、3倍以上に兵力が開いては、局地戦でも鉄砲を使っても玉が届かない、という理論。ランチェスター第2法則が有効な場合は、√3:1、で同じ現象が起こる。
2−6.市場占拠率による4つのパターン
(1)分散型
 突出したNo1が存在せず1位、2位、3位といった企業の占有率の格差が、それぞれ√3以内に収まっているというドングリの背比べの状況。
(2)相対的寡占型
 1位と2位と3位のシェアを合計したものが、上限目標である【A】73.9%を超え、また2位と3位のシェアを合計すると、1位のシェアを上回り、しかもその差が√3以内という状況。
(3)二大寡占型
 1位と2位のシェアを合計すると、上限目標である【A】73.9%を超え、しかも2者間の開きが、√3以内で力が均衡している状況。
(4)絶対的寡占型
 1位のシェアが【B】41.7%を超え、2位と3位のシェアを合計しても1位のそれを下回り、1位企業が市場を独占しつつある状況。

【3】 文章
 さて、理論は勉強したので、さぁ〜実戦を書こうと思ったが、読み返して見ると、文章が硬い。まるで、博士が書いているみたいだ。

 実戦は、皆さんとお会いできた時に、お話させて下さい。


★ 今日も、明日も、【自己実現】。現在、未来も、バリューアップ!
この記事についてつぶやく
【1】 紹介文
 何でも紹介したいものを紹介することにしよう。分けることも考えたのだが、順番をいくつも管理出来ないので、続き番号で行う事にした。

 その代わりプロフィール以外は、後にコメント”(コミュニティ)”をつけようと思っている。

【2】 大学院生を活かす
 https://valueup.jp/sns/CmnView.php?CmnId=N133
 これは素晴しい。ほかにも素晴しいコミュニティがあるが、多くの人が利用しそうだ。簡単に言えば
・大学院生と企業とのマッチング
コミュニティである。
2−1.大学(院)生
 自分の専門性を生かして、将来の就職可能性がある企業の仕事が出来る。バイト代ももらえて、2度おいしい。
2−2.企業
 特殊性が必要な仕事でも、かなり効率良く人材募集が出来る。しかも、無料なのは素晴しい。将来活躍する従業員に出会えたら最高である。

 夢を実現できるフィールド。正に理想である。


★ 今日も、明日も、【自己実現】。現在、未来も、バリューアップ!
この記事についてつぶやく
【1】 戦略
 最近のほとんどの仕事は、説明資料を作っては、人と話すことである。まぁ、社長とはそういう仕事か、と思う。
 ただ、時に、自分自身の戦略が分からなくなる。分かっているつもりが、不安になるものだ。解消するのにも勉強は役立つ。偉大だと思う。

 再度勉強をしてみた。なるほどと思う。

【2】 法則
 2つほど大きな法則があるらしい。
【第1法則】 一騎打ちの法則
【第2法則】 確立戦の法則
 1人あたりの戦力を同じとすると、第1法則では、戦力(人数)の差により被害が出る、第2法則では、戦略(人数)の2乗の差で被害が出る。つまり
・弱者は局地戦(一騎打ち)
・強者は総力戦(確立戦)
を戦略として取るべきというものである。

 当面の戦略として、SNSで地域に貢献する、のは非常に重要だと思う。


★ 今日も、明日も、【自己実現】。現在、未来も、バリューアップ!
この記事についてつぶやく
【1】 坂東先生
 最近の男女共同参画のプレッシャーのせいか、社団法人日本物理学会も女性の学会長である。
 突然、「エッセイを書いて欲しい」と連絡が来た。長くビジネスをやっていると良い事もある。

 物理学会のOD(=オーバードクター)問題解決のためらしい。

【2】 【社会貢献】
 年を取ってきたのか、お世話になった団体、人への恩返しの気持ちが芽生えてきた。実際に何かお世話になった記憶があるわけではないが、物理学会にも恩返しがしたい。
 それより、物理学に感謝をするべきなのかもしれない。

 多くの博士の方々にも、社会を見据えて、自分の進路を決めて欲しい。


★ 今日も、明日も、【自己実現】。現在、未来も、バリューアップ!
この記事についてつぶやく
【1】 朝から会議
 今日も本来なら休みだが、どうしても会わなければならいない社長との業務があったので、朝から会議とした。どうも戦闘モードになったようで、結局3つほど会議の予定を入れた。

 店舗経営だが、良く見直すと資料も充実している。後は実行をうまくやれば儲からないはずがない。

【2】 環境への適応
 社会環境が変わっていくなか、常時勝者であり続けるためには、努力が必要である。それは、企業の規模、業種によらないとしみじみ思う。

 アイデアと努力次第では、みんなにチャンスがある。逆に考えれば、ありがたい。
この記事についてつぶやく
【1】 やりたい事
 仕事がないとどうも落ち着かない。折角だから、気になっていた事をやろうと思っている。ただ、1日2日じゃ、ちょっと中途半端みたいだ。
1.海外で文化に触れる。→1〜2ヶ月
2.経営学、経済学、の再学習→2週間〜1ヶ月
3.映画、読書 →1、2日〜1週間

 まぁ、つまり、できる事をやりましょう。

【2】 映画
 どうも映画鑑賞のも、仕事的になってしまうなぁ。まぁ、1日で3本ぐらい普通か。
パイレーツ・オブ・カリビアン/デットマンズ・チェスト
八リー・ポッターと炎のゴブレット
チャーリーとチョコレート工場
と見たわけである。自分の年齢が増してきた事もあるが、映画は随分と考えられて作られていると感じる。仕事がら、映画自体よりも、映画がどうやって作られたか、想像するのが楽しい。

 みなさんも、たまには違った映画の見方をしては如何だろうか?

【3】 俳優
 ここまで来ると期せずしてジョニー・デップ(Johnny Depp)ということになるだろう。彼は、お金ではなく、自分のキャラクターに信念がある人のようである。

 「急がば回れ。」人とは歴史である。
この記事についてつぶやく <<前のブログへ 次のブログへ>>