【1】 価格
null

 最適という言葉の難しさを正に語ってくれていると思う。欲しい人がいれば値段が上がって当然である。買わない人が増えれば値段も下がるだろう。

 どうやって実現するのか。記事は、

ダイナミックプライシングとは?企業への導入事例と日本への影響について (orage pos)

 マーケティングにおいて非常に重要である値付け。値付け担当者はコストや売り上げ予測の分析など、あらゆる情報を集めて適正価格を算出しています。
 最近では、市場の需要によって価格が変動する“ダイナミックプライシング”が注目され日本でも導入が進んでいます。
 ダイナミックプライシングにはメリットだけでなくデメリットもあるので、導入の際には特徴を踏まえた上での慎重な判断が必要となります。


である。

 意味は分かるが、お客様に納得いただくのは非常に難しい。安いと思えば良いが、高いと思うと買ってもらえない。

【2】 例
 駐車場で考えてみようか。お金がない場合は、ちょっと遠くまで来てやっぱり安かった、という経験か。お金持ちであれば、使いたいところにあって、値段は高いが便利さを重視するという事か。

 お金持ちなら遠くまでわざわざ行かないだろうから良いとして、お金がない場合に便利さを感じることは難しいという事になる。

 すべての駐車場で導入されれば、貧乏人は遠くに行く必要が出てくる。ある意味平等であるが、むなしい気にもなる。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方