【1】 世界
null

 明らかに世界から日本は取り残されている。そもそも日本とか世界とかいう考え方すら古い時代になってしまた。

 重要な考え方の推進機能が世界にはまた一つ出来たようである。記事は、

これからの人工知能を、もっと「人間中心」に──気鋭のAI研究者、新しい研究所を立ち上げた理由を語る (WIRED)

 人工知能(AI)は、いまのままでは必ずしも世界をよりよいものにするとは限らない──。ロボットが人間の仕事を奪うといった懸念が絶えないなか、気鋭のAI研究者として知られるリー・フェイフェイ(李飛飛)が、スタンフォード大学で新たな研究所を立ち上げた。なぜ、この「人間中心のAI」を提唱し模索する研究所の創設に至ったのか。そして何を実現しようと考えているのか、リーに訊いた。


である。

 「人間中心」、正にAIとの良い関係を構築するための考え方である。

【2】 意思
 人間には意思があるのが特徴なはずである。AIが意思を持ち出す時代も近づいている。

 いわゆる強いAIと弱いAIである。

強いAIと弱いAI (ウィキペディア)

強いAI
 コンピュータが強いAIと呼ばれるのは、人間の知能に迫るようになるか、人間の仕事をこなせるようになるか、幅広い知識と何らかの自意識を持つようになったときである。
」「
弱いAI
 強いAIとは対照的に、弱いAIは人間がその全認知能力を必要としない程度の問題解決や推論を行うソフトウェアの実装や研究を指す。弱いAIに分類されるソフトウェアの例として、ディープ・ブルーのようなチェスプログラムがある。強いAIとは異なり、弱いAIが自意識を示したり、人間並みの幅広い認知能力を示すことはなく、最先端とされるものでも知能を感じさせることのない単なる特定問題解決器でしかない。



null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方