【1】 リッチ
null

 組織はお客様(もしくは将来のお客様)に必要とされてこそ、存在意義がある。お客様の数は重要ではない時代に入ってきてしまった。一人の人間が国家並み、人によってはそれ以上のお金を持つ時代である。

 こんな仕事があったのか。聞いてはいたが、実際はもっと凄い。

プロフェッショナル執事・新井直之が教える意外と庶民派?世界の富豪たちの知られざる食事情 (メシ通)

日本バトラー&コンシェルジュ株式会社

バトラー(サービス) (ホテリスタ)

 バトラーとは、イギリス貴族に仕える執事(Butler)のように、あらゆる用件をきいてくれる「お客様専属」の客室係のこと。
 その役割は平たく言えば召使いです。例えば、「コーヒーが飲みたい」「手紙を出しておいて」「車を呼んで」「荷物のパッキングをして」「買い出しをしてきて」といった日常の手伝いから、「テニスの 相手をして」「ショッピングに同行して」といったコンパニオン的な事柄までの一切を引き受けます。


である。

 満足してもらうという事の意味を知る。

【2】 昔
 知り合いの家に、家政婦さんがいた。30年ほど前の事なので、かなり昔である。

 とある山手線ターミナル駅の駅前にかなり多くの土地とビルを持っていた家であった。相続時の話を聞けば500億円はくだらない財産だったと思う。土地でその値段という事は、実勢価格はさらに上である。

 そんな家がお金持ちだと思っていた。そう言う人たちも増えてきたのか。時代の趨勢は難しい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方