【1】 状況
null

 確かに惨憺たる結果である。「日本はもともと貧乏」という事実も理解する必要がある。

 記事は、

日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう (Newsweek)

 <日本は「かつて豊かだった」のではなく、もともと貧しかったのだ。事実、日本の労働生産性の順位はこの50年間ほとんど変わっていない。昔から傑出した技術大国であったという自らの「勘違い」に向き合わねば、日本経済はトンネルを抜けることはできない>
」「
 日本の労働生産性は先進各国で最下位(日本生産性本部)となっており、世界競争力ランキングは30位と1997年以降では最低となっている(IMD)。平均賃金はOECD加盟35カ国中18位でしかなく、相対的貧困率は38カ国中27位、教育に対する公的支出のGDP比は43カ国中40位、年金の所得代替率は50カ国中41位、障害者への公的支出のGDP費は37カ国中32位、失業に対する公的支出のGDP比は34カ国中31位(いずれもOECD)など、これでもかというくらいひどい有様だ。


である。

 日本人の島国根性は全く抜けていない。考え方を、もっと言えば、住む人を変えなければならない時期になってしまったのかもしれない。

【2】 根性
 変化を求めない気質であるのはわかっている。そして、危険となれば考え無しに何でもやってしまう団結力がある。

 昨今の日本は人の足を引っ張ることだけに意識が集中しているように思う。外を見ないのだから当然である。

 まずい状態であるのを知って、力を発揮する時期になっているように思う。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方

2019年【8月15日】 大腸検査●