【1】 記事
null

 もう何が何だか分からなくなってきている。以前のブログ2019年【7月9日】 MaaSの通り、移動は全体としてサービスになりつつある。考え方は以前からあるようである。

 記事は、

「CASE」が自動車産業にもたらす脅威とビジネスチャンスとは (Harvard Business Review)

 この数年の間に、自動車産業に大変革期をもたらすといわれるキーワードが「CASE(ケース)」だ。頭文字となっている4つの領域の進展によって商品構造、バリューチェーン、ビジネスモデルが非連続的に変化し、脅威とチャンスを生み出すという。実際、「CASE」によってどのようなビジネスが誕生し、社会はどう変わるのか。また、自動車産業大国の日本は「CASE」時代にどのように対応すべきなのか。


である。

CASE (ウィキペディア)

Connected、Autonomous、Shared、Electric の頭文字
 Connected - つながる車(コネクテッドカー)
 Autonomous - 自動運転、自動運転車
 Shared - カーシェアリング、ライドシェア
 Electric - 電気自動車


も参考にどうぞ。

 すべてのものが、必要な時に必要なだけ、になってきている。

null

【2】 別
 他の記事でも語られている。

自動車産業の未来図描く「CASE」にダイムラーが込めたものとは (日経BizGate)

 「CASE(ケース)」は、100年ぶりの岐路に立っていると言われる自動車産業が苦境打開に向け選択した戦略で、「C=Connected(コネクティッド=ネットワークへ常時接続したつながるクルマ)」「A=Autonomous(自動運転)」「S=Shared&Service(シェアリング&サービス)」「E=Electric(電動化)」という4つの重大トレンドの頭文字をもとにした造語である。この連載では『CASE革命 2030年の自動車産業』(中西 孝樹 著)をもとにCASE革命による自動車産業の未来図を描きたい。第1回では、「CASE」戦略が生まれた背景を、ダイムラーの動きをたどりながら解説しよう。


である。

 言葉は考えを明確にするためのもので、極論は向かっていく方向をどうとらえるか、である。書かれていない未来を想像そして創造しなければならない。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方

2019年【8月15日】 大腸検査●