【1】 議論
null

 とうとうここまで来てしまったか。まぁ、議論があるのは知っていたが、そろそろ本気のようである。

 記事は、

AI兵器、どこまで認める? 兵器自ら判断は禁止の指針 (朝日新聞DIGITAL)

 人工知能(AI)などを搭載し、自らの判断で標的を選んで攻撃する完全自律型の兵器は認められないとする指針が、スイスで今月開かれた国際会議で採択された。法的拘束力はないものの、今後の兵器のあり方を示す事実上の国際規範となる。ただ、議論では各国の思惑が交錯し、指針には土壇場で「説明できるAI」のような新技術について、グレーゾーンにする項目が盛り込まれた。


である。

 ロボットが戦う方が良いとなるのは自然な流れである。一番重要だと思っているのは、「説明できるAI」という文言への配慮である。

 人間判断の補助としてのAIは認められていく方向であることに注目すべきである。

【2】 名称
 ここまで具体的に書かれると物々しい感じもする。

自律型致死兵器システム (コトバンク)
LAWS (コトバンク)

《lethal autonomous weapons systems》人工知能などが搭載されていて自律的に動き、標的を判断して殺傷する能力をもつロボット。ロボット兵器。キラーロボット。殺人ロボット。自律型致死兵器システム。


 ただ、ロシアのように実際の兵器が出来上がっていないのに規制を掛けるのは如何か?という議論もあるようである。確かに人類の発展を阻害している可能性はある。

 が、出来上がったら使いたくなるのも人間である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方

2019年【8月15日】 大腸検査●