【1】 方向
null

 人と話をしていて、知らないことばかりである事を認知する。わざわざブログに書かないでも良いのだが、書かないと忘れてしまう事をする。

 まずは、

トリアージ (ウィキペディア)

 患者の重症度に基づいて、治療の優先度を決定して選別を行うこと。トリアージュとも言う。語源は「選別」を意味するフランス語の「triage」である。
 救急事故現場において、患者の治療順位、救急搬送の順位、搬送先施設の決定などにおいて用いられる。識別救急(しきべつきゅうきゅう)とも称する。


である。

 こんな仕組み昔からあったか?流石につけ方も決まっているのか。対応する順番もあるか。

null

【2】 参考
 最近の話を雑多に並べておく。最近の専門家のうんちくが素晴らしすぎで、非常に分かりやすい。プロとお会い出来ていることに感謝である。

(1)
日本企業も対策待ったなし? 米国のセキュリティ基準「NIST SP800-171」が与える大きなインパクト (クラウドwatch)
NIST SP 800-171 (NIST)
アメリカ合衆国国土安全保障省 (ウィキペディア)
情報セキュリティマネジメントシステム (ウィキペディア)
上場企業会計改革および投資家保護法 (ウィキペディア)
内部統制 (ウィキペディア)

(2)
公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
ソサエティー5.0 (ウィキペディア)
スマートシティ (IoT)
スマートシティ官民連携プラットフォーム
シンポジウム資料 (グリーン建築推進フォーラム)
ディープ&グリーンレトロフィットに向けて (グリーン建築推進フォーラム)

 日本が国際公約に掲げた2030年度の温室効果ガス排出削減目標を達成するには、民生部門の二酸化
炭素排出を、2013年度比で約40%削減することが必要とされています。
 このように大幅な削減を実現するには、新築の取り組みに加えて、省エネルギー性能の低い既存建
物の積極的な改修が不可欠です。そのために求められるのは、建築躯体と設備の両面での総合的でよ
り高度な省エネ改修「ディープ レトロフィット」と、広く環境改善に寄与する改修「グリーン レトロ
フィット」への取り組みです。
 本シンポジウムでは、建物改修に関するわが国の政策をはじめ、国内と海外の最新動向や取り組み
事例など、関連する多彩な話題を取り上げます。そして、「ディープ&グリーン レトロフィット」の
実現に向けて、実践と普及のための戦略的な方策などについて考える機会にしたいと思います。


(3)
予防保全 (Keyence)
あんしん保証サポートについて (あんしん保証)
テンボスホールディングス
特殊ネジ (東京鋲螺産業)


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
2020年【1月11日】 麗和セミナー講演 1月23日
2020年【1月12日】 四大学連合第三回ミニセミナー 1月20日
2020年【1月15日】 ●ゲーム対戦して下さい!忖度AI