【1】 許可
null

 どの国にも、いろいろな人がいるのは分かっている。持って生まれたからこそ、要らなくなることもあるのかと思っている。持っている人の責任と自由はどの程度なのだろうか。

 記事は、

ヘンリー王子夫妻、英王室「離脱」 公務引退し称号返上 (JIJI.com)

 英王室は18日、声明を出し、ヘンリー王子夫妻が今春から王室の公務を行わず、王族の称号「ロイヤルハイネス」(殿下・妃殿下)を使用しないことになったと発表した。公金も受け取らない。王室からの事実上の「離脱」で、王室を離れたいと「引退宣言」していた夫妻の意向が認められた形だ。


である。

 無くなったら、欲しくなる日も来るのだろうか。

【2】 世界
 どの国も、次男は自由なのだろうか。女子は、それなりに粛々と対応するようにも見える。

 国民の納得感も重要な気もする。国によって寛容さが違うのは理解する。

 世界が幸せな方向に向かっているのであれば良いか。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
2020年【1月11日】 麗和セミナー講演 1月23日
2020年【1月12日】 四大学連合第三回ミニセミナー 1月20日
2020年【1月15日】 ●ゲーム対戦して下さい!忖度AI