【1】 HP
null

 多言語化を考えてみた。4言語とかそういう数を念頭に置いていない。超多言語である。当然にメリットがないといけない訳である。

 記事は、

ニーズの高まる「Webサイト多言語化」〜課題解決に必要な5つの重点領域とは (impress)

 2020年以降を見据え、インバウンド(訪日外国人旅行)や企業の海外進出、越境ECなどが増加し、外国人にリアルタイムに情報を発信したいと考える企業が増えている。
 しかし、Web多言語化にはシステム開発や運用面などの課題があり、日本企業は海外に比べ後れをとっている現状がある。


である。

 他にいろいろ語られている。

用語集の使い方 (WOVN)
インバウンド対策における多言語対応|その方法やメリット (SP)
多言語対応の事例7選|インバウンド受入対策を徹底解説! (ストラテ)
Mitsukoshi Isetan
takashimaya
検索 (facebook)

 一番のメリットは、アジアからのインバウンドである。このコロナ下、リアル訪問の意味があるか判断が難しい。それよりは、HPでの訪問が重要という事になりそうである。

null

【2】 本
 そして、早速本を買うことにした。

Multilingual Experience 外国人戦略のためのWEB多言語化 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/9/27 (amazon)

である。

 まずは、読んでから、いろいろ考えてみたい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方