【1】 抽象
null

 初めてこのブログでツミアゲとワリツケが出てきたのは、2020年【6月25日】 真の顧客満足だったようである。

 記事で言えば、

ファイリングにおけるツミアゲ式とワリツケ式の違いについて解説! (ITトレンド)

である。荒〜い類似性を考えると、次の通りか。抽象化というべきか。

定義(状態)行動
ある時点時点と時点のつなぎ
ドラッガー仕事(の定義)労働
文章ワリツケツミアゲ
システムマスター管理業務フロー
データマスタートランザクション
会計貸借対照表(BS)損益計算書(PL)


 この文脈に完全に参考になるか難しいですが、参考にどうぞ。

第3回 業務フローにマスター管理を取り入れる【MicrosoftのMVP解説!第四弾 ファイルサーバー管理のいろはを学ぶ】 (manage engine)
「行動目標」「結果目標」「状態目標」の3つから考える、最適な目標設定について (note)
PLとBSの関係を図でイメージする (note)

null

【2】 推進
 どうやって組織をうまい事改善していくか、という事もいろいろと語られている。昔だと、2013年【8月3日】 SECIモデルという事になるか。2013年のブログだからかなり古い。

 本だと

リーン・スタートアップ (Japanese) Tankobon Hardcover – April 12, 2012 (amazon)

であるか。過去ブログだと、2015年【9月28日】 リーンスタートアップまとめを参考にどうぞ。

 国がうまくやるための仕組みが特区だと思っている。どこかの部分で挑戦して、うまく行ったら全体広げる。

構造改革特別区域 (ウィキペディア)

 「構造改革特別区域法」第二条に規定される、従来法規制等の関係で事業化が不可能な事業を、特別に行うことが可能になる地域をいう。

 何事も決めたら(ワリツケ)たら、一度やってみて問題を探したい(ツミアゲ)。

参考1:
特区 (ウィキペディア)
国家戦略特区 (首相官邸)
総合特区一覧 (首相官邸)
特区制度の概要 (東京都)

参考2:特区の出てくるブログ
・2016年【9月19日】 50年ぶりの駅
・2014年【3月5日】 広域特区
・2013年【6月5日】 成長戦略 第3弾
・2013年【5月17日】 アベノミクス特区


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方