【1】 記事
null

 初め見た時は、ブドウ4等分の記事だと思っていた。

 記事は、

ブドウ一瞬で4等分、「時短」動画と思いきや…投稿に「悩みました」 (withnews)

ひと握りでブドウを4等分
子どもの事故予防に取り組む研究者
ブドウの危険 自分は知らなかったかもしれない

 直径3センチのブドウをカットしてみました――。一粒のブドウを市販の器具にセットして握ると一瞬にして4等分になる動画が、ツイッターで3万回以上再生されています。一見すると、料理の「時短」動画です。しかし投稿した女性に話をきくと、その背景には、どうすれば子どもの命に関わる大事なメッセージをうまく伝えていけるのか、という苦悩も見えてきました。約140字にはおさまらない思いを取材しました。


である。

 こどもの命を考える研究者の責任感のコメントだけの事とは思えない。

【2】 話
 日本における、伝達の難しさの話に読める。揚げ足を取る文化の中で、みんなに分かってもらうため、正しく伝えるための努力なのだと認識している。

 背景の違う多くの人に向けての情報伝達の難しさは痛いほどわかる。社内という一定以上均一な人たちに向かっても、伝わらないことも良くある。

 精進しなければいけない。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方