【1】 状況
null

 かなり確率が上がったようである。

 記事は、

生命が存在しうる星は銀河系にどれほどあるかを推定、研究 (National Geographic)
3億個以上か、「太陽に似た恒星の半数が地球似の惑星をもつ」

 私たちが暮らす銀河系(天の川銀河)には、地球に似た条件の惑星が3億個以上あるかもしれない。新たな研究で、銀河系内にある「太陽に似た恒星」の約半数が、ハビタブルゾーンに岩石惑星をもつとする結果が出た。ハビタブルゾーンとは、恒星と惑星からなる惑星系のうち、液体の水が存在しうる領域のことである。


である。

 3億個もあるとなると、かなりワクワクしてくる。流石に生きているうちには会えないか。

null

【2】 用語
 聞いたことがあるが、完全には理解していなかった。2017年【5月8日】 生命誕生の神秘も参考にどうぞ。

ハビタブルゾーン (ウィキペディア)

 地球と似た生命が存在できる天文学上の領域で、日本語では生命居住可能領域や生存可能圏、生存可能領域と呼ばれる。一般的にハビタブルゾーンという言葉は惑星系のハビタブルゾーンを指すことが多く、恒星の周辺において十分な大気圧がある環境下で惑星の表面に液体の水が存在できる範囲を指す。


ドレイクの方程式 (ウィキペディア)

 我々の銀河系に存在し人類とコンタクトする可能性のある地球外文明の数を推定する算術的な式である。「方程式」と通例として呼ばれてはいるが、代数方程式などのような、いわゆる方程式ではない。この式は、1961年にアメリカの天文学者であるフランク・ドレイクが提示したものであることから、その名で呼ばれている。


 参考にどうぞ。勉強になる。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方