【1】 技術
null

 凄い危機感を感じる。そして、数は力である。日本で凄く流行っているよりも、中国でちょっと流行った方が売上が高そうである。

 記事は、

興収782億円の映画も…『鬼滅の刃』も及ばない中国の「デカすぎるアニメ市場」 (マネー現代)
「映画のチャイナリスク」も存在する

 今、中国のアニメーション文化がにわかに日本でも盛り上がる気配を見せているのをご存知だろうか。映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)ぼくが選ぶ未来』が11月7日に日本で吹き替え版が上映開始されている。
 127館とはいえ、興行成績ランキング初登場8位と少し寂しい出足だが、公開2週目にして、前週比100%を記録するなど、粘り強い人気を発揮しそうな気配がある。


である。

 この映画を観たくなった。当然に、この映画は中国でもガンガンが流行っているのだろうけど。

【2】 情報
 こちらも参考にどうぞ。

羅小黒戦記
羅小黒戦記〜ぼくが選ぶ未来〜 (ウィキペディア)

 中国の2Dアニメーション映画。


 アニメは日本の文化だったのではないか。海外アニメを見ることになると思うと、脅威を感じる。日本の良さはどこにあるのか。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方