【1】 時代
null

 とうとう、こういうニュースをみることになった。歴史的な出来事であるのは間違いない。

 記事は、

テスラの時価総額、トヨタ抜く 自動車メーカー世界一に (朝日新聞)

 米電気自動車(EV)最大手のテスラ社の時価総額が1日、トヨタ自動車を超え、世界一になった。米欧メディアは「テスラのトヨタ超え」を速報で大きく報じており、自動車業界の構造の変化を印象づけるものだ。
 テスラの時価総額は1日、約2070億ドル(約22兆2400億円)に上り、トヨタの1日終値ベースでの時価総額(21兆7185億円)を上回った。米欧メディアは相次いで、「テスラがトヨタを超え、世界で最も価値ある自動車メーカーになった」(英フィナンシャル・タイムズ紙)などと伝えた。


である。

 これが世の中の流れとして定着するかは、歴史が証明することになるが、ほぼ間違いなさそうである。

【2】 投資
 新しい成長分野を見つけて、投資をして、自らの事業の対象分野にする必要がある。

 業態が移っていく会社は、正にこの典型という事になるか。ソフトバンク的な感じか。

 自らの専門分野を増強していく会社も多い。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方