【1】 鉄則
null

 方針とか緩いこと言っていてはいけない気にさせる。鉄則だそうである。

 記事は、

グーグルが「一流と凡人」を見分ける、たった1つの違い (Forbes)

である。

 違いは1つだけじゃないと思っている。一つの鉄則から導かれるものすべてを考える必要があるのだと思う。

【2】 人材
 こちらも強烈である。CEOより、専門分屋ではプロであれ、と書いてある。当然ではあるが、なかなか難しい。


 ビルは4つの資質を人に求めた。
 まずは「知性」。これは勉強ができるということではない。さまざまな分野の話をすばやく取り入れ、それらをつなげる能力を持っていることだ。ビルはこれを「遠い類推」(かけ離れたものごとをつなげる発想)と呼んだ。そして「勤勉」であること。「誠実」であること。最後に、あの定義のむずかしい資質、「グリット(やり抜く力)」を持っていること。打ちのめされても立ち上がり、再びトライする情熱と根気強さだ。
 ビルはこの4つの資質があると思える人には、ほかの多くの欠点に目をつぶった。彼は面接で候補者をこれらの観点から評価する際、その人が何を成し遂げたかだけでなく、どうやって成し遂げたかを尋ねた。


 これだって簡単ではない。当社は自社のバリューに従って採用する。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方