【1】 日本
null

 どの世代が良い悪いという問題ではないのは分かっている。長所は、見方によっては短所でもあると思っている。

 記事は、

菅政権誕生の立役者 二階俊博氏の「昭和的人心掌握術」 (zakzak)

 「ある本を執筆した際に、二階氏から『なんぼ買ったらいい?』と声を掛けられたことがある」と明かす。政策に関する本を中心に数十冊を手掛ける同氏。できあがった本をさまざまな議員に献本しにいくと、多くの議員はざっと目を通して“ありがとう”と受け取るだけだが、二階氏はポケットマネーでかなりの量を購入したというのだ。いかにも“昭和の派閥領袖”的な人心掌握術と言えるだろう。


である。

 正に昭和の頑張るお父さんという感じである。正しくお金を払えるなら、払うという感じか。

【2】 見方
 そうは言っても、お互いに言い分はあるようである。

若者が「このヒト昭和だなぁ…」と思う言葉第1位は? (FNN)

 印象的なニュース第1位は昭和生まれ「地下鉄サリン事件」、平成生まれ「東日本大震災」
 平成生まれが考える「昭和っぽい人」=「出前を電話で頼む人」
 平成生まれの海老原アナウンサー「“アベック”はわからない」


【令和記念】昭和世代・平成世代300人に聞いた”お互いの印象” 「とにかく仕事に打ち込む」「効率重視でバランス良く」 (まいにちdoda)

 平成31年から令和元年へーーー。2019年5月1日、ついに新たな元号「令和」が始まりました。今回はその「令和」を記念して、あらためて「昭和」「平成」が主題となる記事です。
 「昭和世代から見た平成世代/平成世代から見た昭和世代」をテーマに、両世代の男女150人ずつ(合計300人)にアンケートを実施しました。それぞれどのように感じているのでしょうか?


 それ以上に、国家間の違和感はないのかが気になっている。世代間は、正直世界からみたら大したことは無いと思っている。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方