【1】 時代
null

 こんなに深い言葉が昔から存在していた日本は凄い。そうは言っても、完全に作られたのは昭和のようである。

 言葉は、

「三方よし」とは?経営者なら知っておきたい、近江商人の商売の極意 (起業.tv)

近江商人 (ウィキペディア)

近江商人の思想・行動哲学
・三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」
 売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が心の底から満足し、さらに商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に貢献しなければならない。
・始末してきばる
 「始末」とは無駄にせず倹約することを表すが、単なるケチではなくたとえ高くつくものであっても本当に良いものであれば長く使い、長期的視点で物事を考えること。また「きばる」とは本気で取り組むこと。
・利真於勤
 利益はその任務に懸命に努力した結果に対する「おこぼれ」に過ぎないという考え方であり、営利至上主義の諫め。
・陰徳善事
 人知れず善い行いをすることを言い表したもの。自己顕示や見返りを期待せず人のために尽くすこと。


である。

 過去のブログ2020年【6月1日】 時代のキーワード2に書いた、DXの最終形態ホリスティック・エクスペリエンスは、全体の最適化である。全体とは、正に、顧客、自社、社会だと思っている。

 日本人の知恵の素晴らしさを改めて実感する。

【2】 他
 以前のブログ2020年【4月14日】 当社バリューに書いた通り、当社のバリューはドラッガーから多くを学んでいる。

 組織の大きな目標は、顧客創造であり、利益は結果との内容がある。

 近江商人の「利真於勤」は、その事を言っているように読み解ける。顧客第一でありながら、自社のスタッフや世間にも思いを馳せる思想は素晴らしい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方