【1】 年頭所感

 新年明けましておめでとうございます。年頭にあたり一言ご挨拶を申し上げます。

 昨年もいろいろな出来事がありました。ただ、多くの出来事を色褪せさせてしまうぐらい新型コロナの影響は大きかったと言えるでしょう。日本のみならず世界における社会制度の抜本的な見直し、働き方としても在宅勤務の定常化、飲食店に限らず人のコミュニケーションの変革、数えればきりがありません。
 政治においては、日本もアメリカも新しいトップが選ばれました。その選挙またその後の運営にコロナ対策の成否が大きな影響を与えています。スポーツ界への最大の影響は、オリンピックの延期でしょう。また、記憶に残る、記録に残る方々の多くの死も経験しました。
 当社にとっては、外向けの営業が本格的にできない反面、内部の仕組みの抜本的な改善が行われました。過去20年分の実績のHPへの公開、培ってきた技術のHP上での活用が行えるところまで来ました。また、社内の人事制度改革も一定以上の成果を出し、更なる改善が行われました。

 今年は昨年同様、「自社DX化」を推進することによる、他社DX化支援が本格化する年と思われます。大企業と言えども、全体最適化を行わなければ、未来が描けない状況になると思われます。
 当社も、自社DX化を更に推進します。大企業が本格的にDX化を目指すのを支援する一方で、簡単に使えるDXを中小企業にも提供していきます。大企業へのDX化を支援するサービサーとしての一面に加え、アプリで簡単にDXを推進出来るサービスも開始します。専門性を有するアプリを簡単に開発できるだけではなく、開発を支えるプラットフォームとしてもbodaisを進化させます。

 まとめれば、(1)運営会社としてのbodaisプラットフォームの充実、(2)サービサーとしてより良いDXサービスの提供、(3)メーカーとしてより専門的なアプリ提供、を行っていきます。
 顧客良し、世間良し、社内良しの当社としての三方良しも目指します。併せて、それを支える強固な組織とその成長、社内運営を行っていきます。マネージャー、スタッフ一丸となって、会社・個人の更なる発展を推進します。

 連携/関係会社様、株主様のご理解、ご支援、ご協力、ご指導をお願い申し上げると共に、本年が皆さま一人ひとりにとって実り多い素晴らしい1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

2021年1月1日
株式会社アイズファクトリー
代表取締役 大場智康


【2】 各部署目標
 各部署の目標を挙げ、業務を推進します。

2-1.取締役会・執行会全般
 顧客ファーストは当然とし、社会貢献、社内満足の3つを目指すDX推進を行います。自社でのDX経験を、社会そして顧客に提供していきます。中小企業向けには「簡単に使えるDX」、大企業向けには「抜本的に行うDX」を提供します。
 また、会社の業務を3つに分けます。(1)決裁プラットフォーマーとしての運営会社としての役割、(2)DXを推進するサービサーとしての役割、(3)より良いアプリを提供するメーカーとしての役割、です。
 組織内の部署としては、専門性・守備範囲としての責任を明確にし、権限の強化と共に自己成長・自己改善できる機能を持ち、各部署のKPIを達成していきます。

【課題/管理項目】
・売上確保、収益拡大(実際にサービスとしてDX提供)
・売れる商品作り(専門機能を持ち合わせたアプリの開発と提供)
・将来への投資(DXプラットフォームとして多数企業の参加)
・全員が考える、魅力あふれる組織作り(人事評価制度の運用と更なる改善)

2-2.AIビジネスコンサルティング部
 顧客企業をはじめとして当社に関わる方の満足を最大化するため社内外のDX化を推進していきます。
 AIビジネスコンサルティング部は、お客様の課題解決に向けた提案活動を行います。20年の経験で積み上げたノウハウを基にお客様の課題の解決策をご提案するとともに、中長期事業計画におけるビジネスのDX化についてご支援させていただきます。

【課題/管理項目】
・売上計画達成
・ホームページの充実、動画による商品説明等オンラインからのリード獲得増強
・お取引の拡充、発展のための提案活動強化

2-3.データサイエンス部
 人材教育・データ解析・技術研究で、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援します。
 データサイエンス部は、人材教育、データ解析、技術研究のソリューションを提供します。プロジェクトで成果を上げてお客様にご満足いただくこと、プロジェクト完了後にはプロトタイプとして横展開すること、そこで得られた経験・ナレッジ等を蓄積して社外・社内・顧客へ展開します。

【課題/管理項目】
・顧客満足度向上のためのプロジェクト推進の標準化
・プロジェクトからプロトタイプへの流れの強化
・ナレッジ等の社内・社外・顧客への発信

2-4.プロダクト開発&システムソリューション部
 システム開発・bodaisで、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援します。
 プロダクト開発&システムソリューション部は、システム開発、bodaisのソリューションを提供します。DWH構築やbodaisコネクト等を通じてデータサイエンス部で実施したプロジェクトを運用に繋げます。DX総合支援サイトの基盤となる、bodaisホームページとbodaisプラットフォーム、bodaisアプリを提供します。

【課題/管理項目】
・DXの仕組みづくりとしてのシステムソリューションの提供
・プロジェクトからデモへの流れの強化
・bodaisプラットフォーム/アプリ開発、保守運用の標準化

2-5.業務支援部
 全社統制を導入すべく統制環境を整備していきます。取り組みはDX化の一例として顧客にも提供できるようにします。
 昨年は、主に人材育成の仕組みと公平な人事評価制度の構築を行いました。予実管理制度については一定程度の改善が見られ、計画の実効をサポートすることができました。また、将来の事業変化に対応すべき体制及び仕組みの整備も準備でき、人事・労務・総務・財務・会計を担当している業務支援部としては、経営と現場を強力にサポートしていく所存です。

【課題/管理項目】
・会社としての情報管理体制と社内の情報共有化体制の構築
・人材教育制度及び人事評価制度のさらなる整備
・金融商品取引法に基づく内部統制体制の構築
・金融商品取引法に基づく決算プロセスの構築

以上


□振返一覧
【2021年1月1日】 年頭所感
【2020年1月1日】 年頭所感
【2019年1月1日】 年頭所感
【2018年1月1日】 年頭所感
【2017年1月1日】 年頭所感
【2016年1月1日】 年頭所感
【2015年1月1日】 年頭所感
【2014年1月1日】 年頭所感
【2013年1月1日】 年頭所感
【2012年1月1日】 年頭所感
【2011年1月1日】 年頭所感
【2010年1月1日】 年頭所感
【2009年1月1日】 年頭所感
【2008年1月1日】 年頭所感
【2007年1月1日】 年頭所感
【2006年1月1日】 グループ運営

null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方