【1】 記事
null

 どの業界も生き残りに必死である。年越しそばは知っていたが、年明けうどんも頑張っているのか。こういう企業を応援できるサイトになれるとうれしい。

 情報は、

年明けうどん

年明けうどん (ウィキペディア)

 さぬきうどん振興協議会[1]が新たな麺食行事の普及を目的として提唱している「年明けに縁起を担いで食べるうどん」、およびそれに関する商業的イベントである。
 年明けうどんは、讃岐うどんを初めとした日本国内における名産うどんの活性化やうどんの消費拡大に貢献すること、食品業界関係で正月における新たな利益・経済効果を生み出すことを目的として讃岐うどん業界を中心に2009年正月から展開されているもので、年越し蕎麦(年末)や雑煮(正月)のような、日本の正月に伝わる食文化とは元から異なるものである。


である。

 個人的には、うどんはあまり好きではない。それでも、1年に1度は食べるようにしている。

null

【2】 鉄道
 国鉄民営化の際に、赤字路線は首切りにあう状況だったようである。自治体が、それでも頑張って支えてきたようである。

 まだまだ、努力は終わっていないようである。

ローカル鉄道40社を訪ねる「鉄印帳」が大ヒット 「集めたい」心を捉える仕掛け (1/5) (ITmedia)

 「鉄印帳」が好調だ。第三セクター鉄道等協議会加盟会社の取り組みで、名前の語感からも分かるように、寺社を巡る「御朱印帳」の鉄道版だ。第三セクター鉄道40社が「鉄印」を用意しており、まずは各社の窓口で専用の「鉄印帳」を2200円で購入する。その鉄印帳を参加会社の窓口に持参すると、記帳してもらえる。


第三セクター (日本民営鉄道協会)
第三セクター鉄道 (ウィキペディア)

 第三セクター方式で設立された会社が運営する鉄道(軌道)、またはこれを運営する鉄道事業者(軌道事業者)である。狭義には、第三セクター鉄道等協議会に加盟する鉄道事業者を指す。



 とうとう、こんな移動手段まで構築されているのか。

デュアル・モード・ビークル (ウィキペディア)



 企業間でメリットの出るサービスはないのだろうか。支援できるとうれしい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方