【1】 現実
null

 海外で活躍する人を見ると、うれしくなる。そして、この雑誌は、グローバルでの話を主に取り扱っているのか。今になって分かった。

 記事は、

キャリアも夢も諦めない、NYで活躍する女性バーテンダーの新たな挑戦 (cosmopolitan)

 雰囲気のいい隠れ家バーに、キャラクターの立ったバーテンダーがハイレベルなカクテルを出すというのがニューヨークのバーシーンのイメージ。そんな競合ひしめき合うニューヨークのバー業界で、日本人女性バーテンダーとして活躍するのが下瀬川菜々さんです。インタビュー時は臨月で出産10日前! “男性社会”というイメージの強いバー業界で第一線で働いてきた、女性としてのキャリアとプライベートの両立についての想いなどを伺いました。


である。

 海外のお店はどのサイトに行けばよいのか、分からなくなる。

Angel's Share (facebook)
Angel's Share (tripadvisor)
Angel's Share (Yelp)

 逆に言えば、いろいろ選択肢があるということか。露出は多面的に行う必要がありそうである。

null

【2】 民法
 ニュースで記憶があったが、すぐそこまで期日が迫っているのは分かってなかった。2022年4月か、感覚的にはすぐである。

18歳から“大人”に!成年年齢引き下げで変わること、変わらないこと。記事を印刷する (法務省)

 成年年齢が、2022年4月から、現行の20歳から18歳に引き下げられます。約140年ぶりに成年の定義が見直されることで、何が変わるのか、私たちの暮らしにどのような影響がもたらされるのか、今から心構えをしておきましょう。


諸外国における成年年齢等の調査結果 (法務省)
世界各国・地域の選挙権年齢及び成人年齢 (法務省)

 こちらも分かりやすい。なぜ20歳だったのか、なぜ1月15日だったのか。

成人の日 (ウィキペディア)

 日本の国民の祝日の一つである[1]。ハッピーマンデー制度により、1月の第2月曜日があてられている。1999年(平成11年)までは1月15日だった。
」「
 1948年公布・施行の祝日法によって制定された。制定から1999年までは毎年1月15日だった。成人の日を1月15日としたのは、この日が小正月であり、かつて元服の儀が小正月に行われていたことによるといわれている。


 本当に知らないことばかりである。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方