【1】 記事
null

 これは、動画で見るとかなりインパクトがある。HPに行って動画を見て下さい。

 記事は、

コロナ禍で加速する“無人化”計画 アフターコロナに突き進む中国の無人物流・交通革命 (CREATORS)

 国際通貨基金(IMF)が昨年10月に発表した予測によると、2020年中国は主要国の中でGDPが唯一プラスになるという。コロナ禍に喘ぐ欧米各国を尻目に中国では今、「アフターコロナ」に向けた計画が着々と進んでいる。コロナを押さえ込むだけでなく、急スピードで経済復興を進める中で、今注目を集めているのが、「無人都市計画」だ。人との接触を減らし、ビジネス効率を上げるAIロボットが今、飲食、病院、交通、サービス、物流など様々な業界で、急速に広がっている。コロナ禍で無人化が加速する3つの現場を取材した。


である。やってしまうという進め方は、問題がある反面、スピードが速いのは確かである。

米コロナ感染者2000万人超 ワクチン接種、目標に届かず (JIJI.com)

アパレル業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)【成功事例紹介】 (KOTODORI)

 コロナ時代の記事も興味深い。

null

【2】 他
 問題はこちらだろうか。食べたくないが、食べる時も来るのか。

投資家からはラブコール&培養キット購入の問い合わせも
博物館に展示される“ヒト細胞のステーキ”が論争の的に──人肉ステーキは倫理的なの? (Courrier)

 あるアーティストが、奇抜な方法で人工肉産業を批判し、議論を引き起こしている。
 ヒト細胞から作られたステーキをロンドンのデザイン・ミュージアムに展示する企画は、動物の生きた細胞の使用が増加する食肉産業への批判を意図していた。結局、この企画は生命倫理に関する物議を醸し、芸術的な手法を用いたアプローチの思わぬ落とし穴となった。


ウロボロス (ウィキペディア)

 古代の象徴の1つで、己の尾を噛んで環となったヘビもしくは竜を図案化したもの。


 肉を人工的に作れる時代のようである。当然に、いつか人間の肉も食べさせられるか?という投げかけである。

 昔高校の先生に言われた。戦時中日本では、髪の毛から醤油を作っていた。「汚い」と言ったら怒られた。「成分が同じなら、同じものだ」と。当時は納得していたが、これからは作り方も問題なのだと思う。当然に、人肉は禁止だろうが。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方