【1】 長年
null

 考案者が自ら作っているのは驚きである。もっと歴史があるのかと思っていた。

 記事は、 

豚のあばら肉がつんと盛り付け 定番そばの考案者、92歳現役 きょう沖縄そばの日 (沖縄タイムズ)

 創業1966年。ソーキそばの考案者として知られる我部祖河食堂(沖縄県名護市)の金城源治さんは、92歳にしてなお現役だ。お客さんが「おいしかった」と笑顔で店を出る姿が何よりの喜びなのは、創業当初から。「沖縄そばの日」のきょうも厨房(ちゅうぼう)に立ち、味を確かめながら具材を盛り付ける。洗い物をしている妻の文子さん(94)と二人三脚。健康第一で、目指すは100歳まで現役だ。


である。

 92歳は凄い。体を使いながら仕事をしていると元気なのか。摂生のたまものなのだろう。100歳まで頑張って欲しい。

null

【2】 歴史
 同じ説明が書かれているので、ソーキとは、分かり易く言えばラーメンのチャーシューなのだろう。そう考えれば、チャーシュー麺が考案されて当然のように思う。

「ソーキそば」は「沖縄そば」と何が違う?特徴や沖縄のおすすめ7店を紹介 (macaroni)

 「沖縄そば」と「ソーキそば」の違い

 「沖縄そば」には、豚肉の三枚肉(バラ肉)がのったもの、ソーキ肉がのったものなど、トッピングの種類がいくつかあり、それらを総称して「沖縄そば」と呼びます。
 「ソーキ」とは、豚肉のスペアリブのこと。かたい骨が付いた部位のことを「本ソーキ」といい、やわらかい骨が付いた部位を「軟骨ソーキ」といいます。このソーキがのったそばが「ソーキそば」なのです。
 お店によって「本ソーキそば」「軟骨ソーキそば」「炙り軟骨ソーキそば」など種類が分かれますが、どれも醤油と黒糖を使って甘辛く煮込まれています。あっさりとした沖縄そばのスープによく合う、濃厚な味わいですよ。


ソーキ (ウィキペディア)

 沖縄でいう一般的に豚の骨付きあばら肉(スペアリブ)のこと。沖縄そば=ソーキそば、と誤解されやすいが、沖縄そばにソーキ(スペアリブ)を乗せたものが「ソーキそば」であり、ラーメンにおけるチャーシューラーメン(チャーシュー麺)の呼び名に近い関係。ソーキには骨が硬い「本ソーキ」と骨も柔らかな「軟骨ソーキ」があり、沖縄料理店でも店舗によって使う部位が異なる[1]。


 一番最初の人は、それでも素晴らしい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null
★ bodais (Twitter) アイズファクトリー (Twitter) 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方