【1】 言葉
null

 ちょっと古い記事だが、考え方はそうかなぁと思うところがある。本当に他の方法では、達成できないのか?は良くわかっていない。

 記事は、

「中小企業の改革」を進めないと国が滅びるワケ (東洋経済)
アトキンソン「中国の属国になるシナリオも」


 「日本が中国の属国になる」シナリオのリアリティー
 日本の人口動態を細かく分析していけば、生産性を高めるしかもはや道がなく、国も民間も真っ先に取り組まなくてはいけない最優先課題であるということは、これまで東洋経済オンラインの連載や著書、講演などでも繰り返し申し上げてきた通りです。
」「
 ぜひとも日本の皆さんに、なぜ「中小企業改革」に取り組まないといけないのかを真剣に考えていただくため、もしこれに取り組まないとどのような最悪の未来が待っているのかということを考察した結果が、「中国の属国」なのです。
 もちろん、これは中国が日本に攻め入ってきて、支配されたり、主権を奪われたりという話ではありません。改革をしないままで人口減少して、国力がすっかりと落ちてしまった日本に、さまざまな形で中国経済が関与をしてくるという「経済的属国」です。」

である。

 少々言葉は過激だが、日本人に気づかせようとしているのだと思う。

null

【2】 類似
 正直、個人事業主だって日本にはいる。中小企業とは比べものにならないぐらい数が小さいからこちらは仕方ないのか。

この法律が日本を「生産性が低すぎる国」にした (東洋経済)
アトキンソン「中小企業基本法が諸悪の根源」

 「町のラーメン屋が多すぎるといって10軒を1軒にまとめたところで中国には勝てません」
 私の主張はまったく違います。今は10軒のラーメン店の裏に10社の企業があるので、10軒のラーメン店をそのままにして、それを所有している企業を2、3社にまとめようということです。


 どれぐらい、みんなが納得するのだろうか。半分の会社をなくすという作戦のようである。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null
★ bodais (Twitter) アイズファクトリー (Twitter) 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方