【1】 手段
null

 泳いできたのか、ゴムボートか分からないようだが、難民申請をすると簡単に戻されないのか。

 記事は、

「泳いできた」露男性が難民申請 (KYODO)
送還せず、入管施設に収容

 北海道で8月19日に警察に保護され「亡命のため国後島から泳いできた」と話したロシア人男性V・ノカルド氏が、日本で難民認定を申請したことが1日、政府関係者への取材で分かった。男性が当初求めた「一時庇護」を出入国在留管理当局が認めなかったため、9月初旬にもロシア側に引き渡される見通しとロシア紙は報じていたが、難民申請をしたため当面は送還されない。現在は入管施設に収容されている。申請は8月27日付。


である。

 日本国として、国際社会での対応をどうするのか、移民をどの程度受け入れるのか、考えることがたくさんである。

【2】 人口
 若い労働力不足を何で補うか?という問題だと思っている。

 日本人は減り続けている。これから簡単に増えるとは思えない。となると、若い人の割合が当面減る。

 将来、全体が安定的に減るまでは、対策を練る必要があると思っている。次期、首相に頑張ってもらうか。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null
★ bodais (Twitter) アイズファクトリー (Twitter) 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方