【1】 自称
null

 投資の収益が安定ないので、自らが説明しているのだろう。冒険投資家だから、許してね、という事か。投資なので、多かれ少なかれ冒険しているようにも思うが。

 記事は、

孫正義氏のスタンス「私は賢い投資家ではありません。『冒険投資家』です」 (マネーポスト)

 「私は『情報革命家』です。それではわかりにくいというのなら、投資家でもいい。先だって台湾に行った時、台湾の新聞が『日本の冒険投資家がやってきた』と書いていました。私はウォーレンのような『賢い投資家』ではありませんが、『冒険投資家』です。そうだ!『冒険投資家』がいい」


である。

 何を心に秘めておくかは重要である。

null

【2】 篤志家
 こちらも、用語が飛び交っている。少なくとも、起業家、事業家、投資家、資本家、篤志家、ぐらいはありそうである。

「彼は篤志家だ」の「篤志家」ってどういう意味? (マイナビニュース)

 「篤志家」とは「社会奉仕や公共の福祉などを熱心に実行したり支援したりする人」という意味の言葉です。読み方は「とくしか」。また「篤志」は「志(こころざし)が篤(あつ)いこと」で、特に社会奉仕や慈善活動に熱心であることの意味で使われます。


 同窓会活動も最近よく聞くようになった。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null
★ bodais (Twitter) アイズファクトリー (Twitter) 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方