【1】 ネット
null

 人類と化学とのかかわりを紐解くのは楽しそうである。どんな時代にも、様々な接点がありそうである。

 記事は、

【アルコールの世界史】古代エジプト、ピラミッド建設の労働者の超意外な給料とは? (ダイヤモンド)

 「世界史を化学の目線で紐解く」となぜこんなにもおもしろいのか。今回は、「人類とアルコールの歴史」から「ピラミッド建設でビールが給料となっていた話」など、とてもユニークな話題を著者の左巻健男先生に詳しく掘り下げて聞いてみました。
」「
 たとえば、紀元前2500年頃、エジプトではピラミッド建設が行われていて、そこの労働者への標準的な配給は「パン3〜4斤」と「ビール約4リットル」だったそうです。


である。

 そのうち、お酒じゃ足りなくなって、ヤバいクスリになった時期もあるという事か。人類も人類として学習している途中である。

【2】 将来
 物理だって、歴史の中では、様々学習されている。これから、医学がメインになるのだろうか。

 科学なので、価値が下がることはないが、必要とされるものは変わっている。

 より、人類に直接有効となる科学が必要になっていくのだと思う。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null
★ bodais (Twitter) アイズファクトリー (Twitter) 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方