【1】 白書
null

 ここまで、明確に語られているのか。どうとらえるのか?という問題は残ってるにせよ、この問題を解決するのは、次期政権の任務の一部であるのは間違いない。

 記事は、

日本経済の六重苦、「全体として改善」と分析 経済財政白書で内閣府 (朝日新聞)

 六重苦は、 ̄濆皚経済連携協定(EPA)の遅れK/誉嚢皚は働市場の硬直性ゴ超規制ε杜鷲埖・コスト高を指す。内閣府は、,浪鮠叩↓↓はおおむね解消されたとする一方で、きΔ鰐げ魴茲畔析。イ蓮中心となる温暖化対策が競争の阻害要因から競争の前提になり、状況が変わったとして評価を避けた。


である。

 確かに労働市場の問題と、コスト高が遅れているのは良くわかる。

【2】 将来
 当然に、企業としての環境も重要だが、個人個人の環境も重要である。環境と言っても、経済環境だけではない。

 どこから、どの財源で手を付けるか。効率の良い進め方は重要だが、国民の納得も必要である。

 我々も、より良い日本に向かって頑張りたい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null
★ bodais (Twitter) アイズファクトリー (Twitter) 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方