【1】 輸入
null

 前回の会合時ブログ2019年【9月7日】 そして焼肉で話されたサプリである。

 実際の物は、

【3箱セット】 リポスフェリック ビタミンC 30包×3箱 【海外直送品】

である。

 初めての海外直送品のサプリである。ちょっとしょっぱい。が、体に良いらしい。まずは、3ヵ月がんばります。

【2】 C
 ビタミンCが良いらしい。そして吸収を高めるための商品がこれらしい。

 日本では、当該商品は現在ないらしい。

 人類が作れなくなったビタミンC、メリットを感じてみる。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 次
null

 以前のブログ2019年【2月21日】 画像処理で人物で紹介した技術が、もっともっと使われ出している。

 記事は、

GAN:敵対的生成ネットワークとは何か 〜「教師なし学習」による画像生成 (iMagazine)

 近年、いわゆるAI を構成する要素技術として機械学習の発展が著しい。とくにディープラーニングはその火付け役であり、画像分類、物体検出、セグメンテーションなどの画像領域をはじめ、自然言語処理、音声認識といった分野にまで広く応用されている。その表現力の高さから、今や従来の機械学習手法を凌ぐ結果を見せている。
」「
 なかでも最近注目されている技術の1つに、「敵対的生成ネットワーク」(Genera tive Adversarial Networks。以下、GAN)がある。GANは生成モデルの一種であり、データから特徴を学習することで、実在しないデータを生成したり、存在するデータの特徴に沿って変換できる。


である。

 もう完全にバーチャル空間である。何が現実か分からない。

【2】 視覚
 見ているものすら本当か分からない世界に生きていることを知るべきである。

 上の画像も、シマウマが馬に見える。顔の合成も本物に見える。

 AI活動をしている当事者であるのだが、恐ろしい。未来の常識は、現代の非常識である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 会議
null

 いろいろな分野での解析をさせて頂いている。当然にデータを確認する際に、専門用語が必要にある。当然に、ビジネスをより良くするために、業界知識が必要となる。当然に売れるサービスかを考えるために、市場知識が必要となる。

 この3つの違いも知らなかった。

Vol.166 (3) トピックス 「この違い、説明できますか?−プロバイオティクス・プレバイオティクス・シンバイオティクス」 (ダノン)

 近年、健康づくりにおける腸内環境の重要性に注目が集まっています。テレビ番組や雑誌などでも数多く取り上げられ、腸内細菌叢を表す「腸内フローラ」という言葉も周知されるようになりました。また、腸内環境を改善する機能性を持った食品の人気も高く、栄養指導などの現場で、対象者の関心事として腸内環境について質問を受けることも少なくないのではないでしょうか。
 そこで今回は、腸内環境改善のキーワードとも言える3つの用語「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」「シンバイオティクス」について解説します。
」「
 生きた菌を摂取するプロバイオティクス
」「
 腸内細菌の餌になるプレバイオティクス
」「
 双方を組み合わせたシンバイオティクス


である。

 もっと勉強が必要である。勉強不足を反省する。

【2】 知識
 当然に知識は前提である。使えてなんぼ、である。

 それにしても、分野が多くなり勉強する量が増えて、一杯一杯になる。

 それでも人生精進と心得頑張りたい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 会合
null

 今日は社長の会である。みんないろいろなお店を知っており、いろいろな活動を行っている。1ヵ月も経つと盛りだくさんで、もう頭がウニ状態である。

 とはいえ、肉美味しい。お店は、

焼肉ビストロ 牛印 京橋エドグラン店 (食べログ)

である。

 最後のお客になってしまった。議論勉強になった。

【2】 話
 かなり多岐にわたるのだが、キーワードだけは次の通りである。もう全部のコンテンツを理解は不可能である。今調べてみたが、ボチボチ分かった程度である。

バーチャルYouTuber (ウィキペディア)
tradingview
ユニバーサル・エクスプレス・パス一覧 (ユニバーサルスタジオ)
和田秀樹 (ウィキペディア)
特集:Exosome(エクソソーム・エキソソーム) (コスモ・バイオ)
デバネズミ (ウィキペディア)
アポトーシス (ウィキペディア)
ゾウの時間ネズミの時間 (ウィキペディア)


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 科学
null

 知らないことばかりである。ただ、個体間の間を何かが行き来するのはわかる。ただ、がんとなると想像が出来ない。

 記事は、

不思議。犬のがんは個体を超えて感染するらしい (GIZMODO)

 宿主から宿主にホップホップで数千年。
 そんな世にも不思議ながんが、ワンコにはあるんだそうで、一大研究班が進化のルーツを調べてみたところ、想像以上に奇妙な病であることがわかりました。
」「
 遺伝子の突然変異で制御不能なまま体細胞が増殖する病=がんは基本的には感染しません。乳がん、肺がんなど、細胞の増殖は似ていますが、Aさんのがん細胞はAさん固有のものであり、Bさんのがん細胞とは似て非なるもの。どんなに体を寄せ合ったところで人から人にうつることはありません。他人の体細胞が入ると普通は、免疫系が異物と感知して破壊するからです。


である。

 ウィルスだったらエイズというのか。進化の一端であると思っている。

【2】 実際
 個体として生き残るのも重要だが、種としての進化スピードを上げる仕組みがどこかにあるはずである。

 少なくとも、他の種より早く進化しなければ自分たちが淘汰されてしまうのである。

 逆に種が残っているということは、正に進化スピードが速いはずである。人間は将来も大丈夫か?


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 項目
null

 ちょっと古いのだが、書いておきたいと思って書いている。正直こんなにあったのか?という感じである。

 記事は、

【最新版】役所に手続きすれば簡単に「戻ってくる」「もらえる」お金 (マネー現代)

 国や自治体がお金を払ってくれる制度は驚くほど多い。そして、そうしたお金は私たちが納めている税金で賄われているのだ。普段「取られている」からこそ、しっかり手続きを踏んで取り戻そう。


である。

 正にその通り。もらえるものをもらわないのは損である。この画像は1つ目だが、4つ目まである。

【2】 実際
 葬儀屋に言われるまで「親族がなくなり、葬儀をした」で3万円〜7万円もどってくるのを知らなかった。

 今見ていたら、「年金を受給していた親族がなくなった」で年金事務所からお金をもらった記憶がない。一旦問い合わせてみるか。

 こんなに簡単にみつかるのか。皆さんもチェックしてみては如何でしょうか?


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 結果
null

 昨日先生にお話を聞きに行かせて頂いた。この画像の下の方に、出口近くの写真があったが、サイズ上写真に収められなかった。

 先生にブログにUPしますので写真を撮らせて下さい、と言ったら、ちょっとはにかんでたので、恥ずかしいですか?と聞いたら、そうですね、と言っていた。

 人類の1シーンだと思って掲載させて頂く。

 コメントは、大腸憩室症(おなかの健康)が見られる部分があるが大丈夫、左下の写真にあるようにところどころポリープがあるが良性ですので大丈夫、とのことでした。

【2】 過去
 医療関連のブログの一覧表を作成しておく。

・2019年【8月15日】 大腸検査●
・2013年【10月25日】 健康診断結果
・2008年【8月23日】 内臓脂肪で投薬開始●


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 進化
null

 人類の進化に興味があるわけではないが、人類の文化活動には興味がある。そして、脳の構造としてどのように物事をとらえているのか、とらえれば良いのかに関してもっと興味がある。

 記事は、

人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった:研究結果 (WIRED)

 人類が洞窟壁画の制作や住居の建設といった「文化的躍進」は、7万年前より前には発見されていない。この時点でいったい人類に何が起きたのか──。この進化の引き金を引いたのが「脳の突然変異」であった可能性が、米大学の研究によって明らかになった。
」「
 実在しない「想像の産物」をほかの誰かに伝えることができたとき、人類の文化的歴史が幕を開けた──。


である。

 想像するという事がどんなけ難しい事かを知る。そして、「メンタル統合」「再帰構造」という人間を人間ららしてめている機能が書かれている。


 興味深いことに、外側前頭前野に損傷がある場合、人は物と物の関係や、相対性を表す文章が理解できなくなるという。例えば「犬は賢い」というシンプルな文章は理解できても、「犬は猫よりも賢い」となると、どちらが賢いのかわからなくなる。「円の上に三角を描く」「春は夏の前に来る」なども同様に、物事の上下関係や前後関係の理解がなくなってしまうのだ。
 このように、記憶のなかの複数の単語を意味のあるメンタルイメージとして合成するプロセスは、「前頭前野統合(Prefrontal Synthesis)」または「メンタル統合(Mental Synthesis)」と呼ばれている。
」「
 同じように、文章のなかでも「入れ子構造(または再帰構造)」になっているものの理解には、メンタル統合能力が必須である。例えば「父がかつて溺愛していた猫」を想像してみてほしい。言葉の再帰構造が理解できるようになると、「母は『父がかつて溺愛していた猫』にそっくりな猫を拾った」「『母は“父がかつて溺愛していた猫”にそっくりな猫を拾った』と兄が言っていた」といった具合に、次々に文をつなげて永遠にイメージを膨らませることが可能になる。
 「単語の柔軟な組み合わせと入れ子構造は、すべてのヒト言語に特徴的な機能です。このため言語学者は現代的な言語を『再帰言語』と呼んでいるのです」と、ヴィシェドスキーは言う。


【2】 方向
 脳の発達時期を遅らせるというのが、人類の進化の方向だったようである。脳の発達時期を遅らせると小さいうちに水が危ないと認識できなくなり、死亡可能性が上がる。そのようなコストを支払ってでも、言語取得という進化を人類は選んだようである。


 文化的開花のために人類が乗り越えた「2つの障壁」
」「
 ふたつの障壁がある。メンタル統合スキルを習得できる期間が長くなければならないというのがひとつ。現在の子どもは5歳前後まで言葉の再帰構造の習得が可能だが、これがいまだ言葉があやふやな2歳までとなると無理がある。このことから、脳の前頭前皮質の成熟を遅らせる突然変異があったというのが有力な説だ。
」「
 ふたつめの障壁は、脳の構造がいかにメンタル統合に適していたとしても、親が子どもに再帰言語を教えられなければ、子どもがそれを習得することはないことだ。この障壁をクリアするには、前頭前皮質の突然変異を持ったふたり以上の小さな子どもたちが、互いに会話しながら長い時間を過ごし、再帰言語を“発明”したはずだ。



null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方

2019年【8月15日】 大腸検査●
この記事についてつぶやく
【1】 議論
null

 とうとうここまで来てしまったか。まぁ、議論があるのは知っていたが、そろそろ本気のようである。

 記事は、

AI兵器、どこまで認める? 兵器自ら判断は禁止の指針 (朝日新聞DIGITAL)

 人工知能(AI)などを搭載し、自らの判断で標的を選んで攻撃する完全自律型の兵器は認められないとする指針が、スイスで今月開かれた国際会議で採択された。法的拘束力はないものの、今後の兵器のあり方を示す事実上の国際規範となる。ただ、議論では各国の思惑が交錯し、指針には土壇場で「説明できるAI」のような新技術について、グレーゾーンにする項目が盛り込まれた。


である。

 ロボットが戦う方が良いとなるのは自然な流れである。一番重要だと思っているのは、「説明できるAI」という文言への配慮である。

 人間判断の補助としてのAIは認められていく方向であることに注目すべきである。

【2】 名称
 ここまで具体的に書かれると物々しい感じもする。

自律型致死兵器システム (コトバンク)
LAWS (コトバンク)

《lethal autonomous weapons systems》人工知能などが搭載されていて自律的に動き、標的を判断して殺傷する能力をもつロボット。ロボット兵器。キラーロボット。殺人ロボット。自律型致死兵器システム。


 ただ、ロシアのように実際の兵器が出来上がっていないのに規制を掛けるのは如何か?という議論もあるようである。確かに人類の発展を阻害している可能性はある。

 が、出来上がったら使いたくなるのも人間である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方

2019年【8月15日】 大腸検査●
この記事についてつぶやく
【1】 記事
null

 もう何が何だか分からなくなってきている。以前のブログ2019年【7月9日】 MaaSの通り、移動は全体としてサービスになりつつある。考え方は以前からあるようである。

 記事は、

「CASE」が自動車産業にもたらす脅威とビジネスチャンスとは (Harvard Business Review)

 この数年の間に、自動車産業に大変革期をもたらすといわれるキーワードが「CASE(ケース)」だ。頭文字となっている4つの領域の進展によって商品構造、バリューチェーン、ビジネスモデルが非連続的に変化し、脅威とチャンスを生み出すという。実際、「CASE」によってどのようなビジネスが誕生し、社会はどう変わるのか。また、自動車産業大国の日本は「CASE」時代にどのように対応すべきなのか。


である。

CASE (ウィキペディア)

Connected、Autonomous、Shared、Electric の頭文字
 Connected - つながる車(コネクテッドカー)
 Autonomous - 自動運転、自動運転車
 Shared - カーシェアリング、ライドシェア
 Electric - 電気自動車


も参考にどうぞ。

 すべてのものが、必要な時に必要なだけ、になってきている。

null

【2】 別
 他の記事でも語られている。

自動車産業の未来図描く「CASE」にダイムラーが込めたものとは (日経BizGate)

 「CASE(ケース)」は、100年ぶりの岐路に立っていると言われる自動車産業が苦境打開に向け選択した戦略で、「C=Connected(コネクティッド=ネットワークへ常時接続したつながるクルマ)」「A=Autonomous(自動運転)」「S=Shared&Service(シェアリング&サービス)」「E=Electric(電動化)」という4つの重大トレンドの頭文字をもとにした造語である。この連載では『CASE革命 2030年の自動車産業』(中西 孝樹 著)をもとにCASE革命による自動車産業の未来図を描きたい。第1回では、「CASE」戦略が生まれた背景を、ダイムラーの動きをたどりながら解説しよう。


である。

 言葉は考えを明確にするためのもので、極論は向かっていく方向をどうとらえるか、である。書かれていない未来を想像そして創造しなければならない。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方

2019年【8月15日】 大腸検査●
この記事についてつぶやく <<前のブログへ 次のブログへ>>