【1】 ニュース
null

 確かに、この前のニュースを読んだ。同じ名前とは幸運ともいうべきでもあるが。

 記事は、

あのIT大手ついに“謝罪” 老舗喫茶店「アマゾン」への間違い電話巡り、歴史的和解 (まいどなニュース)

 「アマゾン」と「アマゾン」が和解した―。川のことではない。京都市東山区の老舗喫茶店「コーヒーショップ アマゾン」とインターネット通販大手「アマゾン」の運営会社「アマゾンジャパン」のことだ。


である。

 間違い電話で困っていたようである。


【2】 話
 謝り方は次の通りである。


 「この度はお騒がせしてすみません」
 紙袋から取り出したのはアマゾンジャパンのロゴが入ったTシャツやパーカー、マグカップなどグッズ計7点。グッズは従業員や取引先に配布するノベルティーだといい、立石さんは「(Tシャツなどは)あしたからユニホームで着ます。もらったマグカップは常連さんに『はい、どうぞ』と冗談で出したい」とちゃめっ気たっぷりに受け取った。


 なんと偶然か、昨日のブログ2020年【7月11日】 バカラでbodais招き猫、そのままである。

 お礼だけではなく、謝るのにも使えるのか。就活の時もグッズを配って覚えて欲しいと思っている。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 4人
null

 持ち回りで、会合を開催している風になっている。自分の番は自分の行きたいお店で、予約をするということである。そしてその人のおごりである。

 お店は、

宮新 (食べログ)

である。

 焼き鳥が食べたいとの話であった。確かに美味しい。そして、ここは銀座コリドー街である。

 話も勉強になった見つける日の夜、外は凄いことになっていた。お金持ちを見つける集団か?

 自分は、そのまま夜の散歩に突入である。

【2】 話

銀座 (ウィキペディア)
銀座コリドー街、いつからナンパの聖地に? 飲食店は歓迎 「銀座に思えない」と困惑の声も (1/3ページ) (SankeiBiz)

奴隷のいない国 (事業支援センター)
奴隷 (ウィキペディア)

新宿区でコロナ見舞金10万円支給が決まるなか、同区で感染者急増〜行政の在り方に辛坊治郎が疑問を呈する (ニッポン放送)

 増山)ほかの方のTwitterでも、「明らかにおかしい。コロナチャレンジするな。本当に医療を必要としている人が医療を受けられなくなったら、この方々はどうしてくれるのだ」。

新型コロナウイルス感染症に係る中小企業者対策を講じます(セーフティネット保証4号の指定) (経済産業省)

公共 (ウィキペディア)
グレート・ファイアウォール (ウィキペディア)
メモリの脆弱性を利用してデータを盗み読む「RAMBleed攻撃」が発見される (Gizazine)

エネinチャンネル (Youtube)

会合一覧
・2020年【7月10日】 社長会で、焼き鳥@銀座
・2020年【3月7日】 社長の会
・2020年【2月7日】 社長の会で学ぶ
・2019年【12月7日】 今月の社長会
・2019年【10月16日】 競馬場へ、AIで臨む
・2019年【9月7日】 そして焼肉


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 鉄則
null

 方針とか緩いこと言っていてはいけない気にさせる。鉄則だそうである。

 記事は、

グーグルが「一流と凡人」を見分ける、たった1つの違い (Forbes)

である。

 違いは1つだけじゃないと思っている。一つの鉄則から導かれるものすべてを考える必要があるのだと思う。

【2】 人材
 こちらも強烈である。CEOより、専門分屋ではプロであれ、と書いてある。当然ではあるが、なかなか難しい。


 ビルは4つの資質を人に求めた。
 まずは「知性」。これは勉強ができるということではない。さまざまな分野の話をすばやく取り入れ、それらをつなげる能力を持っていることだ。ビルはこれを「遠い類推」(かけ離れたものごとをつなげる発想)と呼んだ。そして「勤勉」であること。「誠実」であること。最後に、あの定義のむずかしい資質、「グリット(やり抜く力)」を持っていること。打ちのめされても立ち上がり、再びトライする情熱と根気強さだ。
 ビルはこの4つの資質があると思える人には、ほかの多くの欠点に目をつぶった。彼は面接で候補者をこれらの観点から評価する際、その人が何を成し遂げたかだけでなく、どうやって成し遂げたかを尋ねた。


 これだって簡単ではない。当社は自社のバリューに従って採用する。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 物
null

 基本、モノは要らない人である。ミニマリストに近いと思う。モノがある事による、自分の感じる美しさが失われるのが嫌いなのだと思う。使わないもの、置いてあるものの抽象的意味と違うものは、近くに置けない。

 とは言え、役員が紹介してくれたブランドが良さそうなので買ってみることにした。モノばかりは、手に取ってみないと良さが分からない。

 ブランドの中で必要そうな商品は、

BALMUDA The Lantern

であった。

 緊急時にも活きそうなオブジェとして飾ってある。今日届いた。

【2】 重さ
 持ってみて、なんでこんなに重たいのか?と一瞬わからなかった。意味が分かった。使う場所によっては、風で倒れてしまうのだと思う。重いと重厚感も出る。

 明るさも絶妙であるし、調整も出来る。ランプの形すら必要ないかと思ったが、こちらは輝きと雰囲気だと思う。後は電池がどれぐらい持つか、も気になる。正しくは置きっ放しにしておいて大丈夫か?である。

 よく考えられている商品に感じた。1か月後あたりにまたいじってみる。その時必要ないと感じると、捨てるか、もらう人がいたらあげることになる。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 知識
null

 前回は、過去ブログ2016年【8月1日】 新都知事と向かう方向を見ると、勝った感じのパフォーマンスである。今回は、現役都知事として、受けて立った感じがある。

 記事は、

東京都知事選 現職の小池百合子氏 2回目の当選 (NHK)

▼小池百合子、無所属、現。当選。366万1371票。
▼宇都宮健児、無所属、新。84万4151票。
▼山本太郎、れいわ新選組、新。65万7277票。
▼小野泰輔、無所属、新。61万2530票。
▼桜井誠、諸派、新。17万8784票。
▼立花孝志、諸派、新。4万3912票。
<続く>


である。

東京都知事 (ウィキペディア)
東京都知事一覧 (ウィキペディア)

 どちらかというと、2位以下の順位と得票が議論になっているところである。野党頑張れ。

【2】 憲法
 久しぶりに、憲法を考えてみることにした。いや〜完全に忘れています。日本国民として、勉強不足を反省します。

小学校 社会6年 政治 (なぜなに学習相談)
日本国憲法の「三原則」って何なの 日本国憲法の「三原則」って何なの の「三原則」って何なの  (なぜなに学習相談)

 国民主権、平和主義、 基本的人権の尊重 の三つの原則のことだよ。

日本国民の三大義務と三大権利 (vespa)

日本国民の三大義務とは
1.教育
2.勤労
3.納税
」「
日本国民の三大権利
生存権(健康で文化的な最低限度の生活を営む権利)
教育を受ける権利(教育を受ける権利)
参政権(政治に参加する権利)


である。

日本国憲法 (ウィキペディア)
日本国憲法 (衆議院)


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 知識

 ブログのこのタグを入れているのには、理由がある。知識をためるためのログという観点と、将来性格の類型化を拡張できないか?と思っているからである。

 まずは過去のブログ2009年【4月4日】 9に書いた本である。

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム
 (アマゾン)

 読めば読むほどいろいろ書いてある。
1.フロイト精神分析と関係が付く
2.ユングには、タイプ3が足りていない

エニアグラムタイプと意識の発達段階 (idea psychology)

受容(肯定的)排除(愛憎半ば)保持(否定的)
男根期(母親)【タイプ3】【タイプ8】【タイプ7】
肛門期(父親)【タイプ6】【タイプ2】【タイプ1】
口唇期(両親)【タイプ9】【タイプ5】【タイプ4】


・2007年【10月1日】 エニアグラム本2冊
ジークムント・フロイト (ウィキペディア)

ユングの「タイプ論」 (モチラボ)
エニアグラム タイプユング タイプ
【タイプ1】外向型x思考
【タイプ2】外向型x感情
【タイプ3】どのタイプにも相当しない
【タイプ4】内向型x直観
【タイプ5】内向型x思考
【タイプ6】内向型x感情
【タイプ7】外向型x感覚
【タイプ8】外向型x直観
【タイプ9】内向型x感覚


・2018年【11月8日】 四大学 平成卒業生の会 連合会 ミニ交流会 第2回
カール・グスタフ・ユング (ウィキペディア)

null

【2】 他
 上記を見ると、西洋と中東は融合されているように見える。上記の本には、社会性の議論もされている。もうイチジクは、東洋だと思っている。

 つまり、

陰陽五行思想 (ウィキペデ読み直せは
 中国の春秋戦国時代ごろに発生した陰陽説と五行説、それぞれ無関係に生まれた考え方が後に結合した。陰陽五行説、陰陽五行論ともいう。陰陽思想と五行思想との組み合わせによって、より複雑な事象の説明がなされるようになった。 陰陽道などにおいては、占術などに用いられる事もあった。


である。

 読み直せば、占星術や動物占いだと思っている。

 全世界の思想を融合した理論で経営が出来るのではないかと思っている。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 検査
null

 以前のブログ2020年【6月2日】 腸内細菌とサプリで書いた通りである。結果が出た。先日戻ってきた。

100万人の腸内健やかプロジェクト (シンバイオシス・ソリューションズ)

である。

(1)うつ傾向の評価結果 12点(最高60点で16点以上がうつの可能性が高い)
(2)睡眠の評価 6点 (6点以上が睡眠になんらかの問題がある可能性がある)

 その他、数十ページのレポートがあるが、ここでは説明できない。

 腸内細菌のタイプは、p型(プレボテラ型)だそうである。腸内細菌からみた年齢は、実年齢よりやや低いようである。(低いから良いわけではない)

 確かに、睡眠は良くない気がする。会社経営等で自分も知らずにストレスが掛かっている可能性がある。睡眠との関係が、うつの数字が高いのか。

【2】 参考
 知らないことばかりで、ここで調べられた結果を書いておく。

Center for Epidemiologic Studies Depression Scale (wikipedia)
【専門家が解説】CES-D(うつ病自己評価尺度) (元住吉こころみクリニック)

 CES-Dとは、The Center for Epidemiologic Studies Depression Scale の略になります。
 米国国立精神保健研究所(NIMH)により疫学研究用に開発された、一般人におけるうつ病の発見を目的として開発されたテストになります。


Pittsburgh Sleep Quality Index (wikipedia)
睡眠に関するセルフチェック (睡眠医療プラットフォーム)
ピッツバーグ睡眠質問票 (睡眠医療プラットフォーム)


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 昨日
null

 区から風疹の抗体検査を無料にするチケットが届いた。折角だから、コロナ抗体チェックもすることにした。

 スタッフが病院も選んでくれた。

神田すこやかクリニック

に行ってきた。結果は見ての通りである。見づらいが、Cのところに赤いラインがある。検査がうまく行ったということである。Tのところには赤いラインがない。つまり、次の通りである。

 先生曰く、「過去にも、現在も、コロナに曝露していない。」との事だった。擬陽性と偽陰性の話は、検査前に教えてもらった。IgGが過去、imGが現在コロナかどうかをチェックするものらしい。

 風疹は1週間程度掛かるという事で、1週間後に行くことにした。電話での問い合わせは個人情報に関するルール上不可らしい。どこも厳しい世の中である。


 次も参考にどうぞ。

抗体 (ウィキペディア)
免疫グロブリンG (ウィキペディア)

機構
 IgGのほかIgMなど種々ある免疫グロブリンの中でも特にIgGは残存期間が長く、免疫の確率した健康な大人ならIgGは数年ほど、場合によっては生涯、IgGは残存するとされている。 いっぽう、IgMは残存期間が短く、数ヶ月ていどが残存期間だとされる。


抗体検査・抗原検査・PCR検査 どう使い分ける? (Yahoo!Japan ニュース)

null

【2】 今後
 風疹に、コロナに、インフルエンザ。しかも、新型も見つかったらしい。ブログにUPしてまとめておかないと、何の抗体があるか、チェックしたか分からなくなる。

インフルエンザの新型、中国で発見 「世界的流行も」と科学者 (BBC)

 パンデミック(世界的流行)を引き起こす恐れのあるインフルエンザウイルスの新たな型を、中国で科学者が発見した。
 科学者らによると、新型のインフルエンザウイルスは最近見つかった。ブタを宿主とし、ヒトにも感染するという。


 人生の管理は大変である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 時代
null

 とうとう、こういうニュースをみることになった。歴史的な出来事であるのは間違いない。

 記事は、

テスラの時価総額、トヨタ抜く 自動車メーカー世界一に (朝日新聞)

 米電気自動車(EV)最大手のテスラ社の時価総額が1日、トヨタ自動車を超え、世界一になった。米欧メディアは「テスラのトヨタ超え」を速報で大きく報じており、自動車業界の構造の変化を印象づけるものだ。
 テスラの時価総額は1日、約2070億ドル(約22兆2400億円)に上り、トヨタの1日終値ベースでの時価総額(21兆7185億円)を上回った。米欧メディアは相次いで、「テスラがトヨタを超え、世界で最も価値ある自動車メーカーになった」(英フィナンシャル・タイムズ紙)などと伝えた。


である。

 これが世の中の流れとして定着するかは、歴史が証明することになるが、ほぼ間違いなさそうである。

【2】 投資
 新しい成長分野を見つけて、投資をして、自らの事業の対象分野にする必要がある。

 業態が移っていく会社は、正にこの典型という事になるか。ソフトバンク的な感じか。

 自らの専門分野を増強していく会社も多い。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 心遣い
null

 また、知らない新しい概念を知った。世の中知らないことばかりである。

 記事は、

4カ月ぶりにサイゼリヤに行ったら「ピザは12時に」...全盲の女性への“神対応”に称賛の声 その理由とは (まいどなニュース)

 「クロックポジション」という言葉をご存知でしょうか。目が不自由な人でもテーブルの上の物の位置などが把握できるよう、どこに何があるのかを時計の短針にたとえて知らせる方法です。近年、ドラマや映画などで描かれているとはいえ、実社会ではまだまだ…。そんな中、サイゼリヤを訪れたある全盲の女性への“神対応”が、ネット上で感動を呼んでいます。


である。

 確かに、誰が聞いても混乱しない、ひとつの言い方があれば便利である。目が不自由となればなおさらかもしれない。物事深い。

【2】 チーム
 確かに、空中だと円ではなく、球で説明する必要がある。しかも誰でも正しい認識できる一つの言い方は便利である。

クロックポジション (ウィキペディア)

 観測者を水平なアナログ時計の中心に置き、観測者の正面を「12時方向」とした時、対象物や目標方向が時計の「何時方向」であるかの方位を提示する手法である。同様の手法は日本でも「干支」を利用して行われ、その名残は取舵(酉舵)などの形で残っている。
 航空機や船舶などで主に用いられる。航空機の場合は、水平方向をクロックポジションで、垂直方向は上方をhigh、下方をlow、同一高度をlevelと表現する。


 世の中の進化を知る。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく <<前のブログへ 次のブログへ>>