【1】 会合
null

 最近の社長会はやばい、と表現するが正しそうである。本当に毎回毎回勉強になる。今日も携帯に向かって単語を打ち込むだけで一杯一杯である。

 お店は、

栄一 (食べログ)

であった。

 結構おいしい。そして、知見が書かれた時からのブログを書きに書いておく。

・2019年【12月7日】 今月の社長会
・2019年【10月16日】 競馬場へ、AIで臨む
・2019年【9月7日】 そして焼肉

【2】 話
さとふる
ふるさと納税とは (ふるさとチョイス)
「邪神ちゃん」アニメ千歳舞台編 千歳市がふるさと納税で制作−全国初 (NEW LINK)
ポイント倍率の仕組み (楽天ポイントクラブ)

健康管理とは「運動・栄養・休養」のコントロール (TAIKANZ)
脳の大規模ネットワーク (ウィキペディア)
Default mode network (wikipedia)
脳内のデフォルト・モード・ネットワークをオンにせよ! (いちだのりこ)
Science Park★デフォルト・モード・ネットワークと認知症★ (認知症高齢者研究所)
シャワーヘッド (TOTO)

自分の意志で思うようにならない大事な仕組みが人間にあります。 (宮崎大学)
操体法 (ウィキペディア)
アンカリング (ウィキペディア)
神経伝達物質 (ウィキペディア)
エフェドリン (ウィキペディア)
miRNA(microRNA)とは (コスモ・バイオ)
特集:Exosome(エクソソーム・エキソソーム) (コスモ・バイオ)
短鎖脂肪酸 (ウィキペディア)
天然素材の栄養酵母(ビール酵母)から生まれた「エビオス錠」新TVCM 2月19日(月)より全国オンエア開始 (アサヒグループ食品)
〜仲村トオルさんが双子にたじたじ!?CMでは語りきれないエビオス錠「2つのいいこと」をWEB限定ムービーで同日より公開!〜
アリナミン
ミヤリサン 強ミヤリサン(錠) 90錠 (医薬部外品) (マツモトキヨシ)

キャプティブ (応用アール・エム・エス)
人類史上、今はもっとも平和な時代である (東洋経済ONLINE)
人類は絶え間なく戦争をやってきた
中国軍元スパイ、豪メディアで告白…「香港の書店員誘拐に関わった」 (読売新聞)
「おっ!四角い顔!」のフレーズが印象的な「ペヤングソースやきそば」CM (ミドルエッジ)
ボートレース

null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方

2019年【12月4日】 当社業務拡大に伴い本社を移転します
この記事についてつぶやく
【1】 科学
null

 技術の進歩により、敵も強くなってしまっているという事である。こういった問題は、統計で状況を知り、科学で問題解決の糸口を見つけるという事になるのだろう。以前脅されていた話を考えると、もう少し被害が大きいかと思っていた。

 記事は、

薬剤耐性菌2017年8千人死亡 国内初推計、影響深刻 (中日新聞)

 抗生物質(抗菌薬)の効かない「薬剤耐性菌」によって2017年に国内で8千人以上が死亡したとの推計を、国立国際医療研究センター病院(東京)などの研究チームが5日まとめた。耐性菌の死者数を全国規模で調べた研究は初めて。代表的な2種の耐性菌を調査した。


である。

 それにしても、厄介な時代である。

【2】 準備
 データはデータだが、今回は人の命に関係するデータである。何事も始まりと終わりがあるのだが、途中も重要である。

 現代のデータ活用は、生活という人生の途中段階のものがメインである。

 これからは、人生の終わりのデータも活用されなければならい時代に、より一層突入するのだろう。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方

2019年【12月4日】 当社業務拡大に伴い本社を移転します
この記事についてつぶやく
【1】 子
null

 いろいろな観点があるので、一方的に語れないのは分かっている。ただ、若者が産む率が減っているのは正しいようである。問題は、原因である。

 記事は、

20代が「産めない」のはなぜ?出生率からみる、若者のつらい現実 (LIMO)

 現代の日本は、少子高齢化が進み「超高齢社会」と言われています。日本全体の社会問題としても、大きく取り上げられています。
 そして、それとは逆に増えていると言われているのが「高齢出産」。筆者も44歳で出産した、高齢出産経験者です。それに伴って様々な資料を見ていくうちに、現在の出産事情と社会問題を垣間見る、新たな衝撃を感じてしまいました。


である。

 45才以上で産む方は2000人/年いないのか。

【2】 議論
 当然に産まない選択肢もあって良いはずであるが、筆者は


 率直に言ってしまえば「20代に人生の選択肢を与えない社会になっているのではないか?」と思ったのです。


と考えているようである。

 産む選択肢が狭まっているとなると問題である。少子化は問題なのかの議論も別で重要であるが、政治的な判断が求められる問題だと思っている。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 素質
null

 ここまで来ると、大人度合いを聞かれているようにも思う。経験が重要だが、素質も必要なのではないかと思う。医者になる人は考えて欲しい。これからは、AIの出来ないことをやって頂く必要がある。

 記事は、

医学部入試で出た「他人のおにぎり問題」あなたはどう答えますか? (現代ビジネス)

【問題】あなたは高校の教師である。ある日、授業の一環として稲刈りの体験作業があり、僻地の農家に田植えの体験授業に生徒を連れて出かけた。稲刈りの体験作業の後、農家のおばあさんがクラスの生徒全員におにぎりを握ってくれた。しかし、多くの生徒は他人の握ったおにぎりは食べられないと、たくさん残してしまった。
[問1]あなたは、おにぎりを食べられない生徒に対しどのように指導しますか。
[問2]あなたはこの事実をおばあさんにどのように話しますか。
(2019年 横浜市立大学 医学部医学科小論文試験 改題)


である。

 皆さんはどうこたえるか。

【2】 答え
 どうこたえるのか、難しい。勝手に自分の考え方を書いてみる。あくまで、勝手である。皆さんも考えて下さい。

[考え方1]
 自分だったら、この問題自体を考えてもらう機会にすると思う。食べない人と食べられる人に意見を聞いて考えてもらいたい。当然に気持ちの問題に気付いていない人もいるはずである。ただ、食中毒になるリスクは0とは言えないので、強要は出来ない。

[考え方2]
 こちらはあくまで、相手との人間関係の問題である。恋愛と同じで、極論、相手が納得すれば何でもOKである。逆にどんな正しいことを言っても納得してもらえなければ、対応としての点数は低いはずである。つまり、おばあさんの人柄を理解し、一番納得してもらえる方法で話すのがベストである。難しいのは重々承知の上だが。
 これがおばあさんだけでないと、正論を語ることになっていく。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 場所
null

 昨日、お世話になっている社長様に会食のお時間を頂いた。20年近くご指導頂いているか。常盤台と書いたらときわ台と書いたりしているようである。過去のブログ2009年【11月6日】 ときわ台の写真の左端から先が工事されていたが、新しいビルになっていた。知らないことばかりである。

 地元というのはこういう雰囲気か。場所は、

やきとり 彦一 (食べログ)

だった。ここに行く前に、喫茶店英梨座 (食べログ)に寄らさせて頂いた。

 過去の話も楽しいが、現代の技術の話になった。やはりこちらの方が楽しい。内容は次項目で。

 ジャパンカップの日曜日は毎年集まることになった。

【2】 話
ポーライト

 CD-ROMの回転部分の話から突然の進化である。(技術は本気ですが、以下お下品ですので、了承後お読みください。)
あこがれの「モザイク除去機」で本当にモザイクは消せるのか! (デイリーポータルZ)
 本物はこちら。
・TOP > GAN(敵対的生成ネットワーク) > 低解像度ビデオもすぐに高解像度に変換できる超解像アルゴリズムTecoGANがすごい (AI-SCHOLAR)

アリオ川口

【3】午後一
日曜日の昼間、別の会議で話をした。

木のストロー (クレコラボ)
東京ファミリーレストラン
帝国ホテル

null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 理由
null

 人は理由を求める生き物である。正しくは、「男は」かもしれない。友人が新宿のバッティングセンターについて、なぜビルにしないのか?と気にしていた。確かにビルにした方が儲かりそうな気もする。

 ドンピシャで記事が出ていた。

歌舞伎町で生き残るバッティングセンターの謎 (東洋経済ONLINE)
通うお客とお店側、それぞれの"思い"がある

 カーン、カキーン……。新宿・区役所通りの一角にそんな音が響き渡る。新宿バッティングセンターである。同店は年中無休で、毎日午前から翌朝空が白むまで営業している。筆者が訪れた18時ころは、若者や外国人、水商売関係者風の男女などでにぎわっていた。
 バッティングの腕は人それぞれだが、誰もが真剣な表情でバットを振り、ボールをかっ飛ばし(あるいは空振りやボテボテのゴロを放ち)、子どものような笑顔を浮かべる。見学している人々も同様に楽しげだ。


である。

 世の中、お金儲けだけではないことを知るべきである。そこには、人間模様や歴史もある。

null

【2】 会社
 会社のHPを見て、更に感動することになる。ビジネスは、人に求められてこそである。儲かるという結果は重要だが、収支はあくまで結果である。

 お時間が許せば、他のビジネスも見て下さいナ。

新宿バッティングセンター (新宿メトログループ)

 ここでバッティングしたことあるかなぁ。今度行ってみるか。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 人
null

 当然に人は経験によって考え方が変わる。ただし、正しく変わるとは限らない。変なバイアスが付いてしまう事が多い。ギャンブラーとしては、確率は確率だと思っていなければならないことを、改めて知る。

 記事は、

宝くじ高額当せん者の末路 「ギャンブラーの誤謬」で悲劇も (NEWSポストセブン)

 今年も年末ジャンボ宝くじの発売時期がやってきた(11月20日〜)。過去、幸運にも高額当せんをした人は、再び“一攫千金”を狙って多額の宝くじを購入する傾向があるというが、そこには行動経済学でも裏付けられる落とし穴があった。ニッセイ基礎研究所主席研究員の篠原拓也氏が、具体例をもとに紹介する。


である。

 2つの効果が書かれていた。「ハウスマネー効果」と「ギャンブラーの誤謬」である。涙が出るほどよくわかる。

【2】 用語
 関連する言葉も含めて記載しておく。なんで日本語での解説が見つからない。日本人は気にしていないのか。もしくは、常識として分かっているのか。そんなはずはないのだが。

Gambler's fallacy (wikipedia)
[
The gambler's fallacy, also known as the Monte Carlo fallacy or the fallacy of the maturity of chances, is the mistaken belief that if something happens more frequently than normal during a given period, it will happen less frequently in the future (or vice versa). In situations where the outcome being observed is truly random and consists of independent trials of a random process, this belief is false. The fallacy can arise in many situations, but is most strongly associated with gambling, where it is common among players.
]
ホットハンドの誤謬 (ウィキペディア)

 一見ランダムな事象で成功を経験した人は、追加の試行においてさらに成功する可能性が高いと信じてしまうという誤謬である。ホットハンド現象(hot hand phenomenon)や、単にホットハンド(hot hand)とも言う。

テキサスの狙撃兵の誤謬 (ウィキペディア)

 データの違いを無視して類似性を強調することにより、誤った結論が推測されるという非形式的誤謬(英語版)である。この誤謬は、(統計学における)多重比較問題(英語版)や(認知心理学における)アポフェニアを哲学または修辞学に適用したものである。実際には存在しないところにパターンを読み取る人間の認知の傾向を指す、クラスター錯覚に関連する。


House Money Effect (Investopedia)
[
The house money effect explains the tendency of investors and traders to take on greater risk when reinvesting profit earned via stocks, bonds, futures or options than they would when investing their savings or a portion of their wages. This effect presumes that some investors will increase their risk in a given trade by the use of mental accounting when they perceive they are risking money they didn't have previously, but have gained through their interaction with the market.
]

null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 環境
null

 自分には関係ないと思っていた。環境汚染はここまで進んでいるのか。空気に入っているとなると、かなり高性能のマスクをするしかない。久しぶりに空気を吸うのが嫌になった。隣でタバコを吸う人がいた時と同じ感覚である。もう逃げられないのである。

 記事は、

大気中からもマイクロプラスチック 福岡市内で確認 (朝日新聞DIGITAL)

 福岡工業大(福岡市東区)の研究グループが福岡市内で採取した大気から、微細なマイクロプラスチックを検出した。プラスチックは海洋汚染が世界的な問題になっているが、研究グループは、空気にも微小なものが含まれ、地球規模で移動しているとみて調査を進める。


である。

 人体にどれほどの影響があるのか。自分だけではなく、人類として気になる。

null

【2】 以前
 そうとう前から話は出ていたようである。便から検出できるという事は、口から入っているのは間違いない。肺に入っても便には出ないだろうから、口からは以前からわかっていたことのようである。

 記事は、

人の便からマイクロプラ 海外の研究「健康の影響不明」 (朝日新聞DIGITAL)

 環境汚染として問題になっている微小なプラスチック片「マイクロプラスチック」が人間の便から検出された。オーストリア環境庁とウィーン医科大の研究で判明した。人の体内にマイクロプラスチックが取り込まれていることが見つかったのは初めてという。健康への影響については不明で、解明にはさらなる研究が必要だ。


である。

 地球という環境も、人類によって変化させられている。目に見えない程度のかなり細かいところまで変化しているのは、重症である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 手口
null

 なかなか事件が減らない。ある意味、人間の本質にかかわる事件であるからだと思っている。はめられることもあるようなので、注意が必要である。どうやって注意するのか難しい問題でもある。

 記事は、

芸能人とクスリ、売人から「シャブ漬け」にされる「知られざる手口」 (マネー現代)

 11月16日、女優の沢尻エリカが警視庁に逮捕されたとの一報が日本列島を駆け巡った。合成麻薬のMDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反容疑で逮捕された形である。11月6日には、覚せい剤を所持していた容疑で、元タレントの田代まさしが逮捕されたばかり。ここのところ有名人のドラッグ騒動が後を絶たないが、みずからの身をほろぼすクスリの罠にはまってしまうのはいったいなぜなのか――。「芸能人でも一般人でも変わらない。いつの間にかシャブ漬けにさせられて、離れられなくするんだ」と、あるドラッグ関係者は明かす。日本全体に蔓延するドラッグ中毒、そのヤバすぎる手口に迫った。


である。

 やはり難しい問題である。

null

【2】 関係
 こちらも電子タバコでの事故かと思っていたが、薬も大きな原因の一つのようである。

 記事は、

米国で電子タバコによる死者急増、背後に潜む様々な社会問題 (Yahoo!Japanニュース)

 アメリカでは、今年に入ってから電子タバコの喫煙を起因とする肺疾患が急増しており、11月中旬時点で死者数42人、症例は2,200近くに上っています。
 原因は現在連邦・州政府が調査中で、電子タバコの溶液に含まれる「ビタミンEアセテート」の可能性が高いとされていますが、いまだ特定はできていません。


である。

 違う記事が、共通しているように見えた。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく
【1】 国
null

 企業が、個人が、国家並みの権力を持つ時代になっている。良いか悪いかは別にしても、動きを止められるとは思っていない。人類はどう付き合えば良いのか、人類として考える時代になっている。AIという知能だけに限らず、お金という人類の仕組みも、企業が動かす時代が近づいているように思う。

 記事は、

リブラ・インパクト お金と国の進化論 (日経ビジネス)

 米フェイスブックが突如として発表したデジタル通貨「リブラ」。銀行口座を持てない人々に決済などのサービスを提供するとの大義名分を掲げるが、その本質は通貨発行権を独占する国家への挑戦だ。「信用」さえあれば、私企業でも国家に肩を並べる力を持ち得る可能性を示した。デジタル技術を利用した新通貨は各地で勃興している。それは国家にどのような影響を与えるのか。そして、国家はどこに向かうのか。リブラが開けたパンドラの箱。その未来を占う。


である。

 内容が膨大ですべてを完全に理解するのはかなり大変である。勉強になった。

【2】 参考
 関連するキーワードを挙げておく。知らないこと多すぎですなぁ。

Libra (暗号通貨) (ウィキペディア)
シニョリッジ (ウィキペディア)

 貨幣発行益、貨幣発行特権のことをいう経済用語。

現代貨幣理論 (ウィキペディア)

地域通貨 (ウィキペディア)
RAMICS
RESEARCH ASSOCIATION ON MONETARY INNOVATION AND COMMUNITY AND COMPLEMENTARY CURRENCY SYSTEMS
5th Biennial RAMICS International Congress in Japan (Hida-Takayama) (Google)
エストニアが計画した仮想通貨「エストコイン(estcoin)」プロジェクトの今後 (Coin Choice)

リバタリアニズム (ウィキペディア)
歴代アメリカ合衆国大統領の一覧 (ウィキペディア)
共和党 (アメリカ) (ウィキペディア)
民主党 (アメリカ) (ウィキペディア)

ターミネーター (映画) (ウィキペディア)
・・スカイネット (ウィキペディア)
マトリックス リローデッド (ウィキペディア)
「ザイオン」
マイノリティ・リポート (ウィキペディア)
「プリコグ」


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく <<前のブログへ 次のブログへ>>