【1】 中国
20160702-apic.jpg

 中国の取引の大きさをきちんと知るべきか。それにしても、約100兆円とはどういうことか。日本のB2Bビジネスで1000兆円規模だと聞いている。B2Cビジネスがそんなに大きいのか。

 一手に引き受ければ、

アリババの成長は止まらない? 総取引額95兆円超は実現可能か (Forbes)

となるということか。

 それにして、かなり巨額である。本当かと疑いたくなるのもわかる。

【2】 米国
 株価に影響があるから、みんな真剣に気にしているようである。


 同社のマギー・ウー(武衛)最高財務責任者(CFO)もまた、6月15日に行った投資家向け説明会で、アリババのGMVは同年までに現在の3兆900億元から約6兆元(約95兆3,300億円)に倍増すると述べている。

 しかし、この天文学的なGMVの数字は、米国の証券取引監視当局に疑いの目を持たせている。算出方法に問題がある可能性が指摘されているのだ。投資家たちも、アリババが示す数字を信頼できるのかどうか、明らかにしたいところだろう。


である。

 さて、どのような結果が出るのか。未来を早く見てみたい。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御) → ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2015年【12月28日】 ●競馬をbodaisで儲ける 第2段
2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく