【1】 顔
null

 正直かなり驚いた。写真の男性と女の子の口回り鼻の感じが完全に一致している。DNA的には兄弟という事のようである。

 記事を読むと

アメリカ受胎産業の現状【前編】
「私たち、同じ精子ドナーから生まれました」45人の“きょうだい” (COURRiER)

 精子バンク、あるいは卵子バンクでドナー提供を受けて生まれた子供たちが、同じドナーを親にもつきょうだいたちとつながる……。米紙「ワシントン・ポスト」によると、今、アメリカではそのようなコミュニティが増え続けている。しかも、その人数は我々の予想をはるかに超えていた──。


である。

 45人も兄弟がいるとなると、競馬の競走馬を思い出す。競走馬は近親相姦の重ね合わせである。なので、非常に繊細であるが、走る事一点に関しては天才的という話である。

 DNA的近親者を知らないと同じ事が起こる。それも、かなりの規模になっているようである。恐ろしい。

【2】 結婚
 将来結婚するに際して重要な情報である。遺伝子的親戚、非常に聞きなれない言葉である。


 ソフィアとアロヨはともに、最も売れているドナーである「2757番」から提供された精子で生まれた。ドナー2757番は、これまでに少なくとも29人の女の子と16人の男の子の父親となっており、現在彼らは1歳から21歳で、8つの州と4ヵ国で暮らしている。


 人類の未来はどうなるのか?同じような人が増えて多様性が減っていくのか。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく