【1】 本
null

 今日は時代の変遷をブログから振り返りたいと思っている。ただ、DXという言葉の真意を読み間違えていたかもしれない。

 一読されては如何だろうか?会社でも買ってみた。個人でも買ってみた。

アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る (amazon)

である。

 アフターデジタルの定義は少々議論がありそうだが、大きなデジタル(仮想空間)にリアル(現実空間)がちょこんとくっついているイメージが正しいと思う。

 貨幣経済ではない経済

・2019年【2月28日】 評価経済社会
信用経済 (ウィキペディア)

 経済学用語の一つ。これは貨幣経済が一段と進んだ段階の経済の仕組みであり、信用が経済活動の中で大きな役割を果たしているようなもののことを言う。信用経済となっている社会においては、大きな取引というのは現金よりもむしろ手形や小切手などによって行われている。信用経済となっているのは、社会において小切手・手形・株式・社債などが広く流通しているからである。自然経済から貨幣経済へと、貨幣経済から信用経済へといった形で経済の仕組みは変化している。


が進んだ世界であるとも思っている。

【2】 全文
(1) デジタルトランスフォーメーション(DX)
デジタルトランスフォーメーション (ウィキペディア)

 「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したとされる。ビジネス用語としては定義・解釈が多義的ではあるものの、おおむね「企業がテクノロジーを利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させる」という意味合いで用いられる。

国内企業のデジタルトランスフォーメーション成熟度が1年で1段階上昇 (MONOist)
・2018年【11月21日】 UberEats
・2019年【4月1日】 パチンコはDX最前線

(1)人工知能(AI)
人工知能 (ウィキペディア)

 「『計算(computation)』という概念と『コンピュータ(computer)』という道具を用いて『知能』を研究する計算機科学(computer science)の一分野」を指す語。「言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術」、または、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」ともされる。


 ちょっと前は、AIがブームだった。今は道具としてのAIの使い方が議論されている。

・2018年【12月26日】 AI運用に関する7原則
・2019年【3月19日】 ●AIでのデメリットを経験

(3)ソサイエティ5.0
ソサエティー5.0 (ウィキペディア)

 日本が提唱する未来社会のコンセプト。科学技術基本法に基づき、5年ごとに改定されている科学技術基本法の第5期(2016年度から2020年度の範囲)でキャッチフレーズとして登場した。サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、新たな未来社会(Society)をSociety 5.0(ソサエティー5.0)として提唱している。

・2018年【2月2日】 Society 5.0
・2018年【2月7日】 内閣府審議官へ

(4)インダストリー4.0
インダストリー4.0 (ウィキペディア)

 ドイツ連邦教育科学省(ドイツ語版)が勧奨して、2011年にドイツ工学アカデミー(ドイツ語版)が発表したドイツ政府が推進する製造業のデジタル化・コンピューター化を目指すコンセプト、国家戦略的プロジェクトである。IoTの普及についてトップダウンで国家プロジェクトとした世界初の事例となる[1]。

・2015年【10月10日】 インダストリー4.0

(5)RESAS
RESAS (ウィキペディア)

 日本・内閣府のまち・ひと・しごと創生本部が運用している、産業構造や人口動態、人の流れなどに関する官民のいわゆるビッグデータを集約し、可視化を試みるシステムである。地域経済分析システムという表現も用いられる。RESASは、Regional Economy (and) Society Analyzing Systemの略である。

・2015年【9月5日】 オープンデータ活用サイト


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方

2019年【4月12日】 時代のキーワード
この記事についてつぶやく