【1】 生活
null

 自分が悪いと思っていなくても、法律違反になっていることがある。信号は習うが、道路に関する法律を全部知っているわけではない。

 チケットだって友達が欲しいと言ったら、取得した手間を加算して売ってしまいそうである。記事は、

どんなチケット転売がアウトか 「今回はたまたま」も要注意、1円でも定価超えはNG (Yahoo!Japanニュース)

(1) 日本国内で行われ、不特定・多数の者が見たり聴いたりする「興行」に関するもの
(2) それを提示することによって興行を行う場所に入場することができるもの
(3) 不特定・多数の者に販売されているもの
(4) 興行主やその委託を受けた販売業者が、販売時に(i)同意のない有償譲渡を禁止し、(ii)入場資格者か購入者の氏名・連絡先を確認したうえで、(i)(ii)が券面などに表示されているもの
(5) 興行の日時・場所のほか、入場資格者か座席が指定されているもの


である。

 上記のようなチケットが制限の対象のようである。現物以外はこれから法律が出来るのではないか?とのことである。

【2】 不正
 やってはいけないことは、下記の通りです。


「不正転売」業として、興行主やその委託を受けた販売業者の事前の同意を得ないで、販売価格を超える金額で有償譲渡すること
「不正仕入」不正転売の目的で、譲り受けること


 業として、とあるので友達とのやり取りが生活の範囲であれば大丈夫そうである。

 それにしても、知らないことばかりである。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく