【1】 日本人
null

 どこの国でもハーフという言葉はあるか。ちょっと失礼な言い方な気もするが。特に、日本では人種としての日本人がほとんどだから、目立つのかもしれない。海外だったら、両親の国籍が違うのは当然な気もする。

 記事は、

サニブラウンに大坂なおみ「ハーフアスリート」強さを科学する (SmartFLASH)

 東京大学大学院総合文化研究科の深代千之教授(バイオメカニクス=生体力学)が、人種による体格の違いをこう説明する。
 「日本人は2000年来、『農耕民族』として定住してきたので、それに適した、手足の短い体型になったと考えられます。
 それに対し、『狩猟』を中心に暮らしてきたヨーロッパ、アフリカの人々は、移動することの多い生活だったので、手足が長くなりました。当然、手足が長いほうが、素速く移動するタイプのスポーツでは有利になります」


である。

 日本に来てもらえる人たちにはどんどん来てもらって、日本人としても受け入れたら良いと思っている。当然に、異文化を受け入れるだけのコストはかかるので、我々の努力も必要である。

【2】 活躍
 活躍する日本人が増ええて嬉しい気になるのは、自分だけだろうか。

 短距離走ですら結果が出るようになってきたのは、時代が変わった気がする。

 ただ、日本人マインドは文化として忘れたくない。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく