【1】 UX
null

 実際に使ってみないといけない。そうは言っても人から聞く方が便利である。2019年【7月1日】 そして高円寺に書いた通り、この時から使っている。

 実際に使ったのは、

PayPay

である。当然に各社戦略を持っている。

メルカリが電子決済の覇権を握る日 (1/5) (ITmedia)

 フリマアプリ最大手といえばメルカリであり、その総取扱高は19年には5000億円超(リサイクルショップ最大手は、ゲオホールディングスで1066億円/19年)となる勢いで成長しているものの、決算としては赤字が続いている。その要因は、費用の3割以上を広告宣伝費につぎ込み、ダウンロード数、利用者数、アクティブユーザー数の拡大に努めていること、また人材への先行投資、だと会社は説明している。彼らが収益よりも、消費者への浸透を優先している理由は、中古品流通における圧倒的なシェアを確立し、スタンダードになることが重要だからである。


である。

 ユーザーを集める仕組みとしてリユース市場をターゲットにしているが、基本決済市場への参入である。

null

【2】 調査
 きちんと調べてくれている会社がある。

2019年 モバイルキャッシュレス決済の市場動向調査 (ICT総研)

■ モバイル電子マネー・QRコード決済利用者は2021年度に2,000万人近くまで急増
■ 小額決済時のモバイル電子マネー利用率は9.2%、QRコード決済利用率は4.1%
■ よく利用するモバイル電子マネーはSuica、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUIC Pay
■ 最も利用されているQRコード決済は楽天ペイ、2位にPayPay、3位にLINE Payが続く
■ モバイル電子マネーの満足率は91%、モバイルQRコード決済の満足率は83%


である。

 凄い市場である。

 過去のブログも参考に掲載しておく。
・2019年【5月15日】 キャッシュレス
・2019年【6月27日】 QRコード決済でのUX
・2019年【6月29日】 キャッシュレスの業界


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく