【1】 インフラ
null

 何もかもインフラ化されていく。SやPやIに加えてMもaaSの前につくことになったらしい。

【最新版】MaaSとは? 読み方や意味・仕組み、サービス・導入事例まとめ (自動運転LAB)

■MaaSの市場規模
 インドのコンサルティング企業「ワイズガイ・リサーチ・コンサルタント」が発表したところによれば、MaaSの世界市場は2017年は241億ドル(約2兆7000億円)規模だったが、2025年には2304億ドル(約25兆円)規模まで拡大するという。8年でおよそ10倍になるという推測だ。
」「
■MaaSのサービス事例
サイクルシェア:MaaSの中では身近な存在 手軽に近距離移動が可能
カーシェア:市場拡大中 自動車メーカーの参入も
配車サービス:急成長のライドシェアは海外で市場拡大中
相乗り:タクシー相乗りで料金割り勘 サービス実証実験など進む
シェアパーキング:駐車場を効率的に活用 独自アプリや制御装置で利便性増す
飲食サービス:Uberが日本で事業展開 マッチングサービス事業者も
自動運転:MaaSとともに開発面で相乗効果


Mobility as a Service (ウィキペディア)

 運営主体を問わず、情報通信技術を活用することにより自家用車以外の全ての交通手段による移動を1つのサービスとして捉え、シームレスにつなぐ新たな『移動』の概念。


・TOP > 研究成果 > 機関誌 (PRI Review)PRI Review 30年度一覧
MaaS (モビリティ・アズ・ア・サービス) について (国土交通省 国土交通政策研究所)

レベル4 政策の統合(データ分析による政策)
レベル3 サービス提供の統合(公共交通に加えてレンタカー等も統合)
レベル2 予約、決済の統合(1トリップの検索、予約、支払)
レベル1 情報の統合(複数モードの交通提案、価格情報)


 勉強すればするほど奥が深い。

【2】 政策
 移動手段だけではなく、日本をどう改革していくか、議論されている。

・トップ > 会議等一覧  > 日本経済再生本部 (首相官邸)

 我が国経済の再生に向けて、経済財政諮問会議との連携の下、必要な経済対策の実施や成長戦略の実現のための司令塔として日本経済再生本部を設置しています。
 また、日本経済再生本部の下、「未来への投資」の拡大に向けた成長戦略と構造改革の加速化について審議するため、未来投資会議を開催しています。


 ここが本丸か。

成長戦略ポータルサイト (首相官邸)

も参考になる。資料としては、

・トップ > 会議等一覧 > 日本経済再生本部 > 未来投資会議 (首相官邸)
未来投資会議(第18回) 配布資料
未来投資戦略2018」(案)概要

がわかりやすいか。

未来投資戦略 (ウィキペディア)

 第3次安倍内閣 (第2次改造)による成長戦略。2017年6月に閣議決定された。2018年に改訂されている。
」「
 未来投資戦略2017 - Society 5.0の実現に向けた改革
 2017年6月9日に閣議決定された。IoT、ビッグデータ、人工知能などを産業や生活に取り入れ、さまざまな社会問題を解決するソサエティー5.0の社会の実現を目指すとしている。
 ソサエティー5.0の実現に向けた戦略分野としては以下の5つが掲げられている。
 健康寿命の延伸、移動革命の実現、サプライチェーンの次世代化、快適なインフラ・まちづくり、フィンテック


も参考になる。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく