【1】 次
null

 以前のブログ2019年【2月21日】 画像処理で人物で紹介した技術が、もっともっと使われ出している。

 記事は、

GAN:敵対的生成ネットワークとは何か 〜「教師なし学習」による画像生成 (iMagazine)

 近年、いわゆるAI を構成する要素技術として機械学習の発展が著しい。とくにディープラーニングはその火付け役であり、画像分類、物体検出、セグメンテーションなどの画像領域をはじめ、自然言語処理、音声認識といった分野にまで広く応用されている。その表現力の高さから、今や従来の機械学習手法を凌ぐ結果を見せている。
」「
 なかでも最近注目されている技術の1つに、「敵対的生成ネットワーク」(Genera tive Adversarial Networks。以下、GAN)がある。GANは生成モデルの一種であり、データから特徴を学習することで、実在しないデータを生成したり、存在するデータの特徴に沿って変換できる。


である。

 もう完全にバーチャル空間である。何が現実か分からない。

【2】 視覚
 見ているものすら本当か分からない世界に生きていることを知るべきである。

 上の画像も、シマウマが馬に見える。顔の合成も本物に見える。

 AI活動をしている当事者であるのだが、恐ろしい。未来の常識は、現代の非常識である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく