【1】 時期
null

 世の中、何が起こるか分からない。ただ、予定されていた人の人生を法律がコントロールすることになると思うと、時期は重要である。

 人数を考えると、女性天皇という可能性もあるのかもしれない。記事は、

・女性自身TOP > 国内 > 愛子さまへの「天皇教育」開始!雅子さま下された苦渋の決断

 天皇陛下の即位に伴う祝宴「饗宴の儀」は、10月22日から31日まで4回にわたり開かれ、万事つつがなく終了。雅子さまも笑顔でもてなされていた。
 しかし一連の儀式のさなかには、皇室の未来を左右するかもしれない重要な報道もあった。共同通信社による世論調査の結果が10月27日に報じられ、女性天皇を認めることへの賛成が81.9%に達したことが明らかとなった。反対はわずか13.5%だった。
 愛子さまのご成長とともに大きくなっている「愛子さまを天皇に」という期待の声――。ただ、愛子さまの人気が高まるにつれ、雅子さまの苦悩は深まってしまう状況にあるのだ。


である。

 女性天皇は良いと思うが、女系天皇はどうするのか?難しい問題である。

【2】 極東
 世界でも珍しい存在であることが日本の存在価値だと思う。他の国でやっているから、という議論はナンセンスにも感じる。

 ただ、世界の流れも簡単に無視も出来ない。

 日本らしさとは何か?深く考えなければいけない。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく