【1】 コメント
null

 こちらゴーン被告はどうやって日本から逃亡したのか 飛び交う諸説 (BBC)も気になるが、AIに関してのコメントを書いておくべきと考えている。

 記事は、

“紅白出場”AI美空ひばり「気持ち悪さ」の正体 法規制は必要か (AERA.dot)

 すでにインターネット上では、女優や人気アイドルの顔をAI技術で生成させた「ディープフェイク」と呼ばれるポルノ動画が問題になっている。前出の福井弁護士は言う。
 「現在の法律では、故人の名誉やプライバシーを害さない限り、AIで故人を甦らせること自体は法的に可能に思えます。一方、誰が死者を甦らせる権利があるのか、どういった活動まで許されるのか、社会的な合意はありません。AIには無限の可能性が秘められているからこそ、ルールを議論する必要があります」


である。

 技術先行で、法律が追い付いていない、これが現実だろう。AI復活を冒とくとういうより、どこからが冒とくが決まっていないのが問題のようである。

 会いたい人や、会いたくない人、出来が良ければ見たい人、良くても見たくない人、いろいろな人がいる。全員が完全に納得するのはどんなルールでも難しいが、この問題はどこかでの線引きが必要である。

【2】 動画
 実際の動画は、Youtubeに行く必要がるが、リンクを貼っておく。

 ご自身で見て、感じて、議論して頂きたい。



null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく