【1】 文化
null

 昔は外国に良く行った。正直旅行は嫌いなので、一度外国に行ったら、同じ場所にずーっといる。その方が、人という文化を知れて良いと思っている。

 記事は、

日本人の「ドバイ留学」が最近注目集まる理由 (東洋経済online)
大人が初めてイスラムカルチャーを学ぶ機会

 都内を歩けば、最近はいろいろな国の人が増えていると感じる人も多いでしょう。7月に東京オリンピックの競技が始まる頃にはかつてないほど多くの文化圏から外国人が来日されるでしょう。そんな中で中東・イスラム圏の文化についてどれくらいの方がご存じでしょうか。
 ハラル料理、ラマダーン(断食月)、ヒジャブ、1日5回の礼拝など、筆者も含め正直あまりなじみがないという方も多いかもしれません。
 そんなイスラム初心者の方でも安心して渡航できるドバイでの短期留学が今、社会人の方にも人気です。今回は「ドバイのオトナ留学」について紹介します。


である。

 ドバイが良いかは、よく比較してみないとわからない。ただ、ドバイに行ったら経験出来ることが書いてある。当社のインターンにもインドネシアの人がいたので若干は知っているが、自分自身で経験したことは無い。

【2】 記憶
 物理学の国際会議に出席した。物理学者はユダヤ人が多い(多かった)ので、国際会議は、

エルサレム (ウィキペディア)

でやりたいようであった。しかも時期は、修士2年生の12月末から年明けまであった。場所は、

テルアビブ (ウィキペディア)

に行ったが、

死海 (ウィキペディア)

で泳いだり、

嘆きの壁 (ウィキペディア)

で、嘆くことがないと嘆いてきた。

 やはり経験は重要である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
2020年【2月4日】 ●忖度AI(Sontaku-AI)シリーズ開始
この記事についてつぶやく