【1】 状況
null

 日本はそれでも、都会には人が多いので、まだ良いか。海外で同様の生活をした時は、かなり寂しい感じがした。

 記事は、

コロナ下で上京「ぼっち」大学1年生の“孤独と連帯” (毎日新聞)

 政府の緊急事態宣言が解除され、多くの大人は会社に戻り、小中高生は登校を再開、繁華街には活気が戻り始めました。しかし、今も「独りぼっち」で部屋にいる若者たちがいます。
 それは、コロナ禍の最中に地方から上京し、1人暮らしを始めた大学1年生たちです。キャンパスで友だちに出会えない環境で、彼らはどのように孤独を乗り越えているのでしょうか。


である。

 大学院への入学前の2週間ぐらいは、同じような気持ちだった気がする。

【2】 ドイツ
 同じことを書いているブログを見つけた。ブログは2011年【11月11日】 帰り道が寂しかった。である。

マールブルク (ウィキペディア)

 マールブルクは小さい都市であるし、当日ドイツは土日休みで、全く人に会えなかった。大都市に住もうと決めた経験である。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読1クリックで、応援お願いします → null ←

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく