【1】 効率
null

 他社の自動つぶやきサービスを使ってみることにした。

 記事は、

さまざまなサービスが連携できる「IFTTT(イフト)」の使い方 (@IT)

 こうしたWebサービスを連携させる「IFTTT(イフト:IF This Then That)」というサービスを利用すれば、あるWebサービスと別のWebサービスを簡単に連携させて、新しいサービスにすることができる。プログラミングは不要で、すでにIFTTTで提供されている既存の連携サービス(IFTTTでは「レシピ」と呼ぶ)を使えば、アクセス許可やフィルターの条件などを記述するだけで済む。


である。

 今回は、ブログがUPされたら勝手に感知して、つぶやいてもらう設定にした。自動化、なかなか楽しい。

null

【2】 実物
 実際につぶやいてくれるツイッターは、次のとおりである。

株式会社アイズファクトリー (Twitter)

 世の中、ドンドン便利になっていく。追いつくだけで精いっぱいである。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
2021年【2月16日】 自動つぶやき機能、twitter
この記事についてつぶやく