【1】 命
null

 昔だったら助からなかった命が助かる時代になってきた。まだまだ、他の動物に助けを借りる必要がある時代である。今後は、IPS細胞で自分の心臓が作られる時代であると思うが、お金も時間もかかるだろう。まだまだ先だと思うと、待てない人もたくさんいる。

 記事は、

遺伝子操作したブタの心臓を移植 米国で57歳男性に、世界初 (毎日新聞)

 米メリーランド大は10日、重い心臓病の57歳男性に、免疫拒絶が起きないよう遺伝子操作したブタの心臓を移植したと発表した。世界で初めてとしている。手術から3日後の今も患者の経過は順調で、注意深く推移を見守る。米国でも移植のために提供される心臓は不足しており、執刀医は「問題解決に一歩近づいた」としている。


である。

 彼が無事に生活できることを望んである。

【2】 技術
 ここまで来るのにいくつもの技術を活用しているのは明確である。免疫という生物に欠かせない機能までコントロールできるのである。

 もっと言えば、生物の設計図であるDNAすら、コントロールできるのである。

 ある意味、恐ろしい時代でもある。


null

★ 菩提心 + ダイス(確率制御)→ ボダイス


★ 一読2クリック応援に感謝します null ←→null
★ bodais (Twitter) アイズファクトリー (Twitter) 

null ◆◆ 注意書き ◆◆  ←必ずお読み下さい。

2014年【8月28日】 ●トランプ2組ゲーム「レットラー」の正しい遊び方
この記事についてつぶやく